かきこみ

かきこみ
かきこみ

体験談募集中!

体験談募集
受験経験者のみなさんから
“受験”のテクニック大募集!

<受験経験者へ>
「私はこうして“受験”を切り抜けた!」 受験真っ只中!二次試験直前!そんな中、センター試験に失敗して不安になっている人、そわそわして勉強が手につかない人、何からやったら良いかわからなくなっている人もいるはず。そんな受験生にアドバイスを!
「成功した悪あがき法」「会場で緊張をほぐす方法」「合格すると気持ちを持ち上げる方法」など、受験経験者だから語れる諦めないテクニックやメンタルコントロール法を教えてください。

201702_s.jpg

例)悪あがきセットを作成
受験当日は、参考書を見るのではなく、なかなか解けなかった苦手な問題ばかりを集めたノートを作って、試験開始ギリギリまで見ていました。そしたら、見事、似たような問題が出てラッキー!出来ないものを割り切って捨てるのもアリだと思うけど、できる問題は、見直さなくても出来るので1点を狙うなら出来ない問題を詰め込んだ方がいいと思います。

例)会場では周りを見回せ
良く会場を見回すと余計に緊張すると聞きますが、僕は、会場に入ったらまず周りを見回して、自分よりも頭悪そうな奴とか、遅刻してくる奴とか、スマホいじってる奴とか見つけては、「こいつらには勝てる!受かったな」と、自分のテンションを高めていました。そうすれば、結構緊張もほぐれます。

みんなの体験談

アイコン

たかひとさん(大学生/男性)

はじめまして。スマホで勉強のツイートを見ました。

日本で一番スマホ勉強を成功させた例が僕である自負があるので僕をネタに使ってください。よろしくお願いします。

【ビリギャル超え】小中学校不登校・ヤンキー高校から一年間Youtubeで勉強して阪大に行った話

youtu.be/s8NAPAR2pGk

8月13日 ID:02793
つづきをよむ
アイコン

茶マロンマロンさん(社会人・その他/女性)

実は高校は第1希望県内1位
公立をプレテストで80位に
入ってて
先生に受かるねと確信されていました
しかしなんと国語の最後のページに作文家族についてを
裏に作文用紙があるのに気づいたものの後半分に家族の
悪口を書いてるのに気づき
半分消していたら担当がタイムアップ5分前と言った
本当は10分あったのに
苦手な数学も含め点数は確実に取れていたのに失敗
これ、実は絶対出るんですよ
でも、絶対受かってやると宣言してました
結局推薦合格してた私立の高校に進学し、私立大学は推薦
合格しました

8月4日 ID:02764
つづきをよむ
アイコン

茶マロンさん(社会人・その他/女性)

まず学校を高めにして
本命第1希望国公立・
本命第2希望私立
絶対受かる滑り止め第3希望
(国公立、私立どちらでも可)を決める
決定大学の赤本を100回解く
論文テーマを決める
部活や委員の積極的参加
賞が取れたら賞をとる
人の悪口を言わない
大学行きたい人は中学1年生から学年数プラス1時間は
自宅学習と言われてました
私は進研ゼミと英語対策週1回だけで塾には行ってませんが大学は国立大本命でしたが
私立に9月には推薦が決まり
神奈川大学に行きました
推薦話は6月の全国模試の結果と英検2級で来てました
そもそも学部設置大学が稀少なので推薦を受けました
関東に外国語学部は短大を含めても2%、定員も30人〜80人、とてもきつかったです

8月4日 ID:02763
つづきをよむ
アイコン

たねさん(大学生/男性)

とにかく一冊に情報をまとめる!
歴史で実践してました。塾で配られたテキストの余白に、先生が話したことや、模試でわからなかった知識を書き込むことで、このテキスト一冊あればなんでもわかる状態にしました。こうすれば、大事な時にこのテキストだけを見返せばいいし、荷物も減る!
一番良くないと思うのは、自分で手書きのまとめノートを作ること。時間がかかるし、つい綺麗にまとめることに一生懸命になりがちで効率が悪いから。

5月28日 ID:02589
つづきをよむ
アイコン

もつこさん(大学生/女性)

【なんでも書けるノートを作る!】
ノートって綺麗に授業の板書を取るためにあるようだけど、私はそれとは別になんでも書いていいノートを作りました。
数学の問題を解いても良し、世界史を暗記するために沢山練習しても良し、はてまた今のストレスを発散させるために叫びを書いても良し、試験の日程を整理するために書き留めても良し、
そして志望校への思いを書いて良し!!
(以前ノートを見つけて読んでみたら、志望校への熱い思いがたくさん書かれてました。)

文字に書くと自分の思っていることが頭から出てきて、整理されるし、なんとなく自信もつく。
第一志望の大学に入学できて早3年。
今でも、頭で考えすぎずに、まずはいらないノートに書く、ってことを実践し続けています。

1月19日 ID:02387
つづきをよむ
Page Top