4月12日(水) tie the knot

字幕対訳

Would you remember your prom date,
everything about them,

高校時代の恋人を
60年間 覚えていられるだろうか?

even after six decades had passed?
 

 
 

And would you take the chance
and call her?

そして連絡する勇気は?
 

They went to prom together,
and then as life goes,

卒業記念パーティーのあと
別々の大学に進学した男女

they went their separate ways
for college.

 
 

Both met new loves
and started families.

それぞれに結婚した2人は—
 

They were happily married
more than 50 years.

最近 50年以上連れ添った配偶者を
亡くした

And recently,
they both lost their spouses.

 
 

It was difficult, but Jim remembered
Joyce from all those years ago.

悲しみの中
男性は高校時代の恋人を捜した

You know, they say that you never
forget your first love.

初恋は忘れないと言うでしょう
 

And there must have been a spark
that was smoldering

私たちの心にも
火花がくすぶり続けていたのです

in each of our hearts
that we never realized.

 
 

One day on the phone, he said,
“Would you marry me?”

ある日 彼に電話で求婚され
“それは名案だわ”と答えました

And I said, “Yes, that's a good
idea.” So we did.

 
 

The two high school sweethearts
tying the knot,

卒業記念パーティーから64年を経て
2人は結婚した

64 years after that prom.
 

 
 

Keyword 解説

ABCニュースは、高校時代の恋人同士が60年以上の歳月を経て
結ばれたと伝えています。

The two tying the knot, 64 years after that prom.
「2人は卒業記念パーティーから64年を経て結婚する」。

キーワードは、tie the knot「結婚する」
「結び目を作る」ことから、「結ばれる」。
たとえば、walk down the aisle「(教会の)通路を歩く」、
lead to the altar「祭壇に導く」なども
「結婚する」という意味で使われます。

ABCニュースは、2人はそれぞれ別の家庭を築いていたものの、
いずれも最初のspouse「配偶者」を亡くしていたと伝えています。

今回のキーワードは、tie the knot「結婚する」です。