5月20日(土) His Majesty

字幕対訳

KLM, Royal Dutch Airlines.
 

KLMオランダ航空
尾翼には王冠のマークが付いている

The crown right there
on the tail of the plane.

 
 

And in the cockpit,
the co-pilot has a crown of his own.

この副操縦士も王冠の持ち主だ
 

This is the uniform of his day job.
 

本業のときの服装はこれだ
 

Officially, His Majesty
Willem-Alexander,

ウィレム・アレキサンダー
オランダ国王陛下

by the Grace of God,
King of the Netherlands,

オラニエ・ナッサウ家の当主など
さまざまな肩書を持つ

Prince of Orange-Nassau,
etc. etc. etc.

 
 

One of those et ceteras presumably
 

その1つが21年間
ひそかに続けてきた副操縦士だ

for the job he's done quietly
twice a month for 21 years.

 
 

Like his distant cousins
over in England,

英国王室の遠い親戚と同様
軍務中に操縦を学んだ

the king started flying
during his time in the military.

 
 

And he says the passengers
don't even recognize him

国王の服装をしていないと
気付かれないと本人は語っている

when he's not wearing
that other uniform.

 
 

Keyword 解説

ABCニュースは、オランダのウィレム・アレキサンダー国王が
長年、民間の旅客機の副操縦士として乗務していたと伝えています。

His Majesty Willem-Alexander
「ウィレム・アレキサンダー国王陛下」。

キーワードは、His Majesty「陛下」
Majestyは、国王や天皇とその配偶者に用いる敬称です。
男性ならHis Majesty、女性ならHer Majesty。
His Highness、Her Highnessは「殿下」。

ABCニュースは、
ウィレム・アレキサンダー国王は軍隊に所属していた頃から
空を飛び始め、
21年もの間twice a month「月に2回」のペースで
民間機の副操縦士を務めていたと伝えています。

今回のキーワードは、His Majesty「陛下」です。