7月6日(木) apex

字幕対訳

We begin on this Independence Day with
a new provocation from North Korea.

独立記念日に北朝鮮の新たな挑発行為
 

What could be the most dangerous yet.
 

今までで最も危険だ
 

A new missile launch
being called a breakthrough,

ミサイルはICBMで
発射は成功だったということだ

a successful test of
an intercontinental ballistic missile.

 
 

And Steve, the North Koreans shot
the missile straight up into the air

北朝鮮は
ミサイルを高い高度に打ち上げたが—

to a high altitude.
 

 
 

What does the distance it traveled
tell you about where it could reach?

飛しょう距離から分かることは?
 

The missile itself reached an apex
of almost 1,700 miles,

ミサイルの軌道の頂点
およそ1,700マイル

which means had it been
on a max range trajectory,

最大の飛距離ならアンカレッジや
シアトルにも到達しかねない

it could have reached Anchorage,
 

 
 

and wouldn't have been far from
reaching Seattle.

 
 

The US has been developing
a ground-based interceptor system

米国が開発している
地上配備型の迎撃システムは—

that's designed to knock down
incoming North Korean missiles.

 
 

But it's very complex science.
 

非常に複雑な仕組みで
その精度はまだ50%程度しかない

The system itself is still only
barely over 50% reliable.

 
 

Keyword 解説

ABCニュースは、北朝鮮が行った新型ミサイルの発射実験を受けて、
その軌道や最大飛しょう距離を推定しています。

The missile itself reached an apex of almost 1,700 miles.
「ミサイルの軌道の頂点はおよそ1,700マイル(2,700キロ)に達した」。

キーワードは、apex「頂点」
一般的に三角形や円すいなどの「頂点」、
ここではミサイルが描いた放物線状の軌道の頂点。
trajectoryで「弾道、軌道、軌跡」、
rangeは、この文脈では「射程、飛しょう距離」。

ABCニュースは、北朝鮮が今回のミサイルを
intercontinental ballistic missileつまりICBM「大陸間弾道ミサイル」
だと主張していると伝えています。

今回のキーワードは、apex「頂点」です。