7月27日(木) holdout

字幕対訳

Tonight, science fiction about to
come to life at Wisconsin company

SFの世界が現実になる
ウィスコンシン州のある企業

Three Square Market.
 

 
 

CEO Todd Westby
along with 50 employees

50人が人さし指と親指の間に
マイクロチップを埋め込んでいて—

implanting microchips between
their forefingers and thumbs

 
 

allowing them to unlock doors at work,
 

職場の扉を開けたり
軽食の支払いをしたりできる

even pay for snacks
with a swipe of a hand.

 
 

There are some reservations.
 

中には懸念の声もある
 

There's always the fear of infection.
So it's the unknown right now.

感染症の心配もあるし
未知の物ですよね

Another concern? Employee privacy.
 

従業員のプライバシーも心配だ
 

What did it take to persuade
the holdouts?

どのように抵抗派の説得を?
 

Basically we had to explain to them
there is no tracking of the information.

説明する必要があったのは—
 

It's not GPS or anything like that.
 

GPSのような
追跡はしないということです

Participation is optional,
and many of the employees here say

義務ではないが
不安より好奇心が勝ると従業員は話す

they are more curious than nervous.
 

 
 

Keyword 解説

ABCニュースは、ある企業で、従業員で希望する人の手のひらに
マイクロチップを埋め込むことを始めたと伝えています。

What did it take to persuade the holdouts?
抵抗派にはどのように説得しましたか?」

キーワードは、holdout「抵抗派」
同意、承諾、あるいは妥協などを拒んで抵抗する人や集団。
reservationは、この文脈では「留保、懸念」。

ABCニュースは、
マイクロチップをimplant「移植、埋め込む」ことに抵抗する従業員は
infection「感染症」やプライバシーの侵害を心配し、
一方で賛同した従業員は
more curious than nervous「不安よりも好奇心が強かった」ようだと
伝えています。

今回のキーワードは、holdout「抵抗派」です。