9月29日(金) dissension

字幕対訳

ABC News obtaining some of those ads
bought on Facebook by Russian agents.

ロシアの工作員が購入した
フェイスブック広告を入手

Facebook admitting they were paid
more than $100,000

同社は選挙中 ロシアから
10万ドル以上の広告料を得た

by Russian companies
during the election.

 
 

They rail against illegal immigrants.
 

広告は不法移民を罵り—
 

This one warns against
“so-called refugees

“国の安全を脅かす
いわゆる難民”への注意を喚起

jeopardizing our national security.”
 

 
 

This ad uses a popular cartoon
with this line:

人気カートゥーンを使った広告には—
 

“We need to stop this madness.
We need Trump.”

“トランプが必要だ”の文字が
 

Their goal was to spread dissension,
was to split our country apart,

不和を広め
米国を分断するという目的を—

and they did a pretty good job.
 

見事に達成したと言えます
 

According to investigators,
the ads show their slant,

広告には親トランプ
反クリントンの傾向があり—

pro-Trump, anti-Clinton.
 

 
 

Their targets: voters in
specific areas of key swing states.

激戦州の有権者を狙って
展開されたという

How did they have that
level of specificity?

対象をどう特定したのか疑問です
 

That's one of the questions
we need answered.

 
 

Keyword 解説

大統領選挙中にロシア関係の団体がフェイスブックで展開した
広告の一部を、ABCニュースが入手しました。

Their goal was to spread dissension, was to split our country apart.
「これらの広告の目的は不和を広め、アメリカを分断することだった」。

キーワードは、dissension「対立、不和」
dissentで「意見の相違、異議」。
rail againstで「罵る、おとしめる」。

こうした広告は不法移民を排斥しつつ
トランプ氏への支持を促す傾向があり、
key swing states「選挙の鍵を握る激戦州」を狙って展開されたと、
ABCニュースは伝えています。

今回のキーワードは、dissension「対立、不和」です。