9月6日(木) perjury

字幕対訳

President Trump once seemed eager
 

特別検察官の聴取に
意欲的だった大統領

to sit down with special counsel
Robert Mueller.

 
 

But according to the new book
 

しかしウッドワード氏の新刊によると—
 

by veteran Washington journalist
Bob Woodward,

 
 

the president's legal team was so
worried he would commit perjury

法律顧問団が大統領の偽証を恐れて
模擬聴取を行った

they held a mock interview session.
 

 
 

In it, the president reportedly lied,
 

大統領はうそや矛盾する発言をして—
 

contradicted himself and ultimately
became so frustrated

あげくは顧問団に激怒したという
 

he lashed out at his team.
 

 
 

Woodward writes
 

法律顧問はモラー氏と面会し
模擬聴取の様子を報告

the president's lawyers then sat down
with Mueller

 
 

and described the practice session.
 

 
 

He just made something up.
That's his nature.

“大統領はうそをつく
聴取を受けさせるわけにはいきません”

I'm not going to sit there
and let him look like an idiot.

 
 

Tonight, Dowd denies
any of this happened.

法律顧問は否定しているが—
 

But Woodward, who broke
the Watergate scandal, says

一次情報源に長時間取材した結果だと
ウッドワード氏は話す

he conducted hundreds of hours
of interviews with firsthand witnesses.

 
 

Keyword 解説

ABCニュースは、トランプ大統領がモラー特別検察官による
聴取を拒否したいきさつを描いた新刊書が出版されると伝えています。

The president's legal team was worried he would commit perjury.
「大統領の法律顧問団は、大統領による偽証を恐れた」。

キーワードは、perjury「偽証」
法律用語で、宣誓のもとに行った証言でうそをつくこと。

この本によると、ホワイトハウスで事前に
mock session「模擬聴取」を行った際に
大統領が繰り返しうそをついたとのことです。

著者はウォーターゲート事件の報道で著名なウッドワード氏で、
firsthand witness「じかに体験した人、一次情報源」に
インタビューを重ねたということです。

今回のキーワードは、perjury「偽証」です。