9月12日(木) at odds

字幕対訳

The major shake-up
at the White House tonight.

政権に激震が走った
 

President Trump firing his national
security adviser, John Bolton.

大統領がボルトン補佐官を解任
 

The president tweeting
 

ボルトン氏の考えは
受け入れ難いという

that he disagreed strongly with
many of Bolton's suggestions.

 
 

In a curt tweet this afternoon,
President Trump declared

大統領はツイートで
3人目の安全保障担当補佐官を解任

he was getting rid of his third
national security adviser.

 
 

“I informed John Bolton last night
 

“昨夜ボルトン氏に
もはや政権には不要と伝えた”

that his services are no longer needed
at the White House.”

 
 

The sudden turn of events was
a longtime coming.

解任は突然の出来事ではない
 

Bolton is a famous hawk,
an early supporter of the Iraq war

タカ派のボルトン氏は
イラクやイランへの強硬姿勢で—

and a strong advocate of
a regime change in Iran.

 
 

In both cases,
at odds with the president.

大統領と対立していた
 

And Bolton was publicly skeptical
 

またボルトン氏は北朝鮮との対話など
大統領の外交政策に懐疑的だった

of several of President Trump's
big foreign policy moves,

 
 

like the ongoing talks with North Korea.
 

 
 

The president is entitled to the staff
that he wants at any moment.

大統領は誰を補佐官にしてもいいのです
 

Keyword 解説

ABCニュースは、トランプ大統領が、
安全保障を担当するボルトン大統領補佐官を解任したと伝えています。

In both cases, at odds with the president.
「イラクとイランのどちらに対する政策でもボルトン補佐官は
大統領と対立していた」。

キーワードは、at odds「対立して」
「意見が一致しない」。
大統領は、ボルトン補佐官の提言の多くについて
disagree strongly「とても受け入れ難い」ものだったと述べています。
一方ボルトン氏は、大統領が進める北朝鮮との対話について
publicly skeptical「公然と疑念を表明して」いたと
ABCニュースは伝えています。

shake-upで「(人事の)刷新」など「(政権の)激震」。

今回のキーワードは、at odds「対立して」です。