11月14日(木) ahead of its time

字幕対訳

Finally tonight here,
she is America Strong. Dolly Parton.

最後の話題はドリー・パートンさん
 

And she's with our Robin Roberts.
What we did not know about 9 to 5.

映画「9時から5時まで」の話だ
 

When I'm at home and just
watching TV and flipping through,

家でテレビをつけて
「9時から5時まで」が映っていると—

9 to 5 comes on.
 

 
 

And it doesn't matter where
it is in the movie,

どんな場面からであっても
必ず最後まで見てしまうんです

I'll stop, sit down and watch it.
 

 
 

Thinking back now,
when the time that we are living in,

#Me TooやTime's UPがある
現在から振り返ると—

with Time's UP and #Me Too,
 

 
 

that 9 to 5, that movie was
ahead of its time in some ways.

時代を先取りしていましたね
 

It was. And it did a lot of good.
But it didn't do enough good

確かにいい作品です
 

because we are gonna always have
the same problems in the workplace,

でも今も職場では
同じ問題が起こっていますよね

with women and men.
 

 
 

But you kind of have to find
the way to move around that

その問題を乗り越えなくてはなりません
 

and there's still work to be done.
 

 
 

I still believe that, you know,
women should get paid equal,

男女の賃金は平等であるべきだし
女性の尊厳は守られるべきです

and should be treated with respect.
I'm all about that.

 
 

Keyword 解説

ABCニュースがドリー・パートンさんにインタビューを行い、
彼女が出演した映画『9時から5時まで』について聞いています。

That movie was ahead of its time.
「あの映画は時代を先取りしていましたね」。

キーワードは、ahead of its time「時代を先取りしている」
ここでのtimeは「時代」。
映画が製作された時代よりも先に進んでいたということです。
Time's UP(時間切れ、もう終わりにしよう)も
#Me Too(私も)も、セクハラの撲滅を訴える、現在の運動。
1980年に製作された『9時から5時まで』が描いた女性たちの姿は
ahead of its time「時代を先取りしている」ものでした。