BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

12月6日(火)

冷え込むEUとトルコの関係

EUとトルコの関係がこれまでになく冷え込んでいる。トルコ政府は7月のクーデター未遂の後、野党の党首や政府に批判的なジャーナリストなどを相次いで拘束し、強権姿勢を強めている。これに対して、批判を強めるヨーロッパ議会は、トルコのEUへの加盟交渉を凍結するよう求める決議を採択した。トルコのエルドアン大統領は「EUがさらなる動きに出れば、ヨーロッパを目指す難民や移民に国境を開く」と警告。難民や移民のヨーロッパへの流入を抑えるためのEU側との合意を破棄する可能性に言及した。EUとトルコの関係は今後どうなるのか、難民対策にどう影響するのか、EU、トルコ双方からの中継を交えて、伝える。

関連記事

ページの先頭へ