BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

2月1日(水)

ドイツに学ぶ『働き方改革』

労働時間が日本より20%も短いのに、労働時間あたりのGDP=国内総生産は日本の1.5倍。そんな“労働先進国”ドイツの最新事情に迫る。会議の廃止、社内メールの撤廃、そして「労働時間貯蓄制度」など、ドイツの先進的な取り組みを紹介。ドイツの労働事情に詳しい筑波大学のマルティン・ポール准教授をスタジオに招き、長時間労働や過労死が社会問題化している日本のヒントを探る。
出演:マルティン・ポール(筑波大学准教授)

関連記事

ページの先頭へ