BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

7月11日(火)

ウィーンフィルとナチス ~広がる「負の歴史」の再検証~

極右勢力が勢いを増しているヨーロッパ各国。そのひとつオーストリアでは、今、ナチスドイツに加担した「負の歴史」に向き合おうという動きが広がっている。世界に誇るウィーンフィルハーモニー管弦楽団。オーストリアがナチスに併合された当時、ナチスはウィーンフィルの音楽を積極的に活用するのみならず、ユダヤ人の楽団員の追放にも協力させたという。今春には第2次大戦当時、ナチスの思想を進んで受け入れた負の歴史にまつわる資料が初めて一般に公開され注目されている。負の歴史と向き合おうとするオーストリアの動きの背景を伝える。

関連記事

ページの先頭へ