BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

9月7日(木)

ヒアリ最前線の攻防~被害最大のアメリカの現状と対策

強い毒を持ち、日本でこの夏初めて存在が確認されたヒアリ。このヒアリの大きな被害に悩まされているのがアメリカ南部だ。1920年代ごろに南米から積荷に混じり入ってきたあと勢力を拡大。南部を中心に生息範囲が広がり、今では13の州で生息。年間延べ3700万人が刺され、重症化する人も後を絶たない。さらに、ヒアリは集団で作物の種などを食べるなどするため、毎年農業にも膨大な被害が出ている。「ヒアリ被害大国」のアメリカの現状と対策の最前線を伝える。

関連記事

ページの先頭へ