BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

9月22日(金)

総選挙目前 ドイツの今後を読み解く

24日に行われるドイツ連邦議会選挙では、メルケル首相率いる与党・キリスト教民主同盟(CDU)の優勢が伝えられている。「西側リベラル最後の守り手」と称されるメルケル首相の人気は不動で、特に自由な社会を求める若者たちを惹きつけている。一方、難民問題に不満を持つ層が、新興の右派政党に流れるという不安要素も見えてきている。それぞれの陣営を支持する人々の期待や不満を見つめ、ドイツ社会のこれからを展望する。

関連記事

ページの先頭へ