BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

5月16日(水)

仏マクロン大統領就任から1年

国際協調主義や既存政治の打破を掲げて、去年、史上最年少で就任したフランスのマクロン大統領。地球温暖化、イラン核合意などでの課題を巡り、米トランプ大統領の自国第一主義の対極を行く「最後の砦」への期待がある一方、国内では、構造改革に反対するデモが連日行われ、マクロン大統領は傲慢だと指摘する声もある。就任から1年、国内外の改革の現状を読み解く。

関連記事

ページの先頭へ