BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

6月11日(月)

直前展望・米朝首脳会談 非核化への道筋は? 韓国経済への影響は?

翌日に迫る史上初の米朝首脳会談。その最大の焦点は北朝鮮の非核化だ。しかし、北朝鮮との交渉を担った元アメリカ政府当局者は、過去の経験からそろってその困難さを指摘。北朝鮮に本当に非核化の意思があるのか根強い疑念を抱いている。仮に非核化を実行するにしても複雑かつ時間がかかるため、鍵となるのは非核化の「期限」と「検証」の合意だと指摘する専門家もいる。報告書や専門家のインタを交え北朝鮮の非核化への道筋を検証し、会場となるシンガポールの様子を交えて米朝首脳会談の行方を展望する。一方、会談の行方は、韓国経済の浮沈にも大きな影響を与えそうだ。韓国では経済交流を見越した動きが始まっている。非武装地帯近くの地価は値上がり、経済交流に関係しそうな企業の株価も値上がりしている。韓国政府は非武装地帯の山林開発を進める準備を始め、南北の高位級会談でも議題に出す予定だ。一方で、もし米朝会談が不調に終わった場合の不安もある。経済浮上の大きな期待とともに米朝首脳会談の行方を見守る韓国の現状を伝える。

関連記事

ページの先頭へ