BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

2月4日(月)

対中戦略を見直すメルケル首相

ドイツのメルケル首相が4日から2日間の日程で来日する。ドイツ側の狙いは、日独の経済関係の強化。背景には、ドイツの中国に対する警戒感の高まりがある。中国企業による先端企業の買収をきっかけに、市場アクセスや知的財産権の侵害などを警戒する声がに急速に高まっているのだ。一方で日本に対しては、同じ価値観を共有する国として、連携強化を求める声が高まっている。東アジアにおけるドイツの新たな外交戦略を展望する。

関連記事

ページの先頭へ