BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

2月13日(水)

イラン・イスラム革命40年② “中東覇権”めぐる攻防

イスラム革命から40年を迎えるイランについて伝えるシリーズの2回目。今、イランはシリアのアサド政権を軍事的に支援するとともに、シリア市民の支持を得ようと宣伝映画を大々的に展開するなど周辺国への影響力拡大を進めている。イスラエルとアメリカという共通の敵に対抗する体制を構築するのがねらいだ。一方、アメリカは、イランへの経済制裁を強化するだけなく、国内のイラン反体制派とも連携して、イランの弱体化・体制転換を目指しているとみられている。中東での覇権拡大を狙うイランと、これに危機感を強めるアメリカとの攻防の行方を探る。

関連記事

ページの先頭へ