BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

12月9日(金)

澤田教一から留学生が見たベトナム戦争

ベトナム戦争を追い続け、戦火のカンボジアで34歳で死去した報道写真家・澤田教一。生誕80年を迎えた今年、故郷・青森の美術館で澤田が撮影した写真の展示会が開催される。展示されるのは、ピュリツァー賞を受賞した代表作「安全への逃避」ほか350点。展示にあたり、美術館は、青森のベトナム人留学生たちに澤田の写真の調査を依頼、撮影地を特定した。ベトナムの若者たちは自分たちの知らなかった戦争や当時の故郷の姿を目することとなった。若者たちは澤田の見たベトナムから何を感じとったのか。

関連記事

ページの先頭へ