BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

3月6日(月)

残留日本兵 残された家族の思い

第2次世界大戦後、ベトナムに残った数百人の日本兵。彼らは、植民地からの独立を求めてフランスと第1次インドシナ戦争を戦ったベトミン(ベトナム独立同盟会)を支援し、その後、現地で家族を持つようになった。しかし、東西冷戦下、北ベトナム政府は残留日本兵を帰還させることを決めたものの、家族の帯同は認められなかった。長きに渡って厳しい生活を余儀なくされた家族の思いとは。

関連記事

ページの先頭へ