BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

6月15日(木)

映画で描くIS・イラクの今~アリ・カリーム監督

イラク人の映画監督、アリ・カリームさんが、6月に行われる映画祭のため来日した。バグダッドで生まれ育ったアリ監督は、自らも自爆テロの被害に遭いかけた。そんな自身の経験から、映画「不思議の国のハッサン」では、“ニュースの裏側にあるイラク”を、子どもの目線で描いている。モスル奪還がまもなくと見られる中、気鋭のイラク人監督の思いに迫る。

関連記事

ページの先頭へ