BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

9月5日(火)

父から娘へ 受け継がれた“平和の鐘”

ニューヨーク国連本部に置かれた「平和の鐘」。太平洋戦争を生き延びた日本人、中川千代治さんによって贈呈された。中川さんは、かつてミャンマーに出征し生死の境をさまよう中で、現地の仏教寺院で聞いた鐘の音に救われたという。その経験から、紛争が起きている場所など140以上の国と地域に、世界平和を祈る鐘を寄贈してきた。その活動を引き継いだ娘が、先月、父親の活動の原点となったミャンマーを訪れて鐘を寄贈した。平和を願う親子の取り組みを伝える。

関連記事

ページの先頭へ