BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

5月16日(水)

響け「カリヨン」の音色

ベルギ-北部の街・メヘレンにある聖ロンバウツ大聖堂。世界遺産にも登録されているこの聖堂に、街のシンボルともなっている音色を奏でる楽器「カリヨン」がある。「カリヨン」は、塔の上に置かれた大小合わせて50の鐘を、鍵盤やペダルを使って演奏する楽器で、400年以上にわたり街に時を告げてきた。この楽器の調律を続けている職人や、演奏技術を次の世代に受け継ごうと取り組む指導者を通して、伝統の音色の魅力を伝える。

関連記事

ページの先頭へ