BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

6月20日(水)

障害者も投票しやすい環境を! 変わるインドネシア社会

障害者に対する差別が根強かったインドネシア社会が、選挙の投票のあり方を巡って変わり始めている。インドネシアでは今月地方選挙を迎えるが、これまでの選挙では障害者のための環境が整っていないことを理由に多くの障害者が投票を諦めざるを得なかった。しかし、選挙規則の改正で、各投票所は障害者のためのさまざまな設備を設置することが義務付けられた。その結果、今回は多くの障害者が投票へ向かう見込みだ。新たな制度での投票を前に準備を進める各自治体や、障害者たちの期待を通してインドネシア社会の変容をリポートする。

関連記事

ページの先頭へ