BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

7月31日(火)

ロヒンギャ難民キャンプをゾウが襲う

ミャンマーからバングラデシュに避難したロヒンギャ難民のキャンプがゾウに襲われる被害が相次いでいる。去年8月以降に70万人もの難民がキャンプに移り住んだが、元々はアジアゾウの生育地を緊急事態のため急きょ難民キャンプにしたため発生していると見られ、国連や国際自然保護連合などが対策に乗り出している。避難生活の長期化がもたらした難民とゾウへの思わぬ影響をリポートする。

関連記事

ページの先頭へ