BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

9月10日(月)

初の核実験の地で“原爆オペラ”

この夏、世界初の核実験が行われた米ニューメキシコ州で、オペラ「Doctor Atomic」が上演された。「原爆の父」とも言われるオッペンハイマー博士が、大量殺りく兵器を開発したことに苦悩するという筋書き。オペラには、核実験場の風下で被爆した人たちやその子孫が出演し、核兵器の負の側面に目を向けるよう訴えたが、現地では今でも、原爆開発は輝かしい歴史としてとらえられている。オペラを通して、核兵器をめぐるアメリカの今を描く。

関連記事

ページの先頭へ