BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

9月19日(水)

ガザの未来を照らしたい ~若手起業家の挑戦~

イスラエルの経済封鎖下にあり「天井のない監獄」とも呼ばれるパレスチナ暫定自治区のガザ地区。人やモノの行き来が厳しく制限され、失業率は5割に上る。こうした厳しい状況を、ビジネスで改善しようと取り組む若い起業家がいる。マジド・マシュハラウィさんは、身近に手に入る「焼却灰」を再利用した建設用のブロック生産や、太陽光発電で、ガザの経済的な自立を目指している。アメリカがパレスチナ難民への支援を打ち切り、人道危機が一段と深まるおそれもある中、未来への希望をあきらめずに奮闘する若手起業家の姿を描く。

関連記事

ページの先頭へ