BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

1月29日(火)

言論封殺に抵抗して ~シリア・民主活動家暗殺の波紋~

内戦が続くシリアで去年11月、反政府勢力の中にありながら良識派とされてきた民主活動家ラエド・ファレスさんが暗殺された。犯人はアサド政権とも反政府勢力の過激派グループとも言われている。アラブの春をきっかけに自由を求めて立ち上がった反政府勢力の変質ぶりを懸念したファレスさんは、自ら設立したラジオ局を通して、民主化と言論の自由の必要性を訴え続けていた。言論が暴力によって封殺される中、自由を夢見て人々にメッセージを送り続けた民主活動家の姿を伝える。

関連記事

ページの先頭へ