BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

4月4日(月)

1日129人が死亡~アメリカ薬物汚染の衝撃

アメリカが抱える社会問題のひとつ、「薬物問題」。近年、新たな事情により更に深刻の度合いを増している。主要メディアの調査によると、薬物の過剰摂取による死者の数は、交通事故死や銃による死者を上回っているという。その増加の背景にあるのが、処方薬である鎮痛剤の過剰な処方と、その代用として使われるヘロインへの依存だ。北東部のニューハンプシャー州では人口130万人のうち10万人が中毒治療を必要としており、2月に行われた大統領選挙に向けた予備選挙でも争点となった。特集ワールドアイは、薬物中毒に苦しむニューハンプシャー州の若い男性に密着したアメリカABCのリポートを紹介。スタジオではアメリカ社会に詳しいゲストを招き、複雑化する薬物汚染の実情に迫る。

ゲスト:渡辺靖(慶應義塾大学教授)

関連記事

ページの先頭へ