BS1 ワールドウオッチング - WORLD WATCHING -

6月15日(木)

カタール 国交断絶の背景

中東のサウジアラビアやUAE・アラブ首長国連邦など、8か国が突然カタールとの国交断絶を発表し、経済や安全保障面で影響が広がっている。クウェートなどが仲介に乗り出したが、関係修復の見通しは立っていない。同じアラブで同盟関係にあるとも言える国々が、なぜ国交断絶に至ったのか。その背景を読み解く。
出演:出川展恒(解説委員)


6月15日(木)

シリア難民のラマダン~レバノン

先月下旬に始まったイスラム教の断食月、ラマダン。隣国シリアからレバノンに逃れてきた約10万人の人々も、国境近くの難民キャンプでこの行事を迎えている。中には地元NGOとボランティアによって日中の断食後に食べるごちそう、「イフタール」が振る舞われる難民キャンプもあるという。辛い境遇にありながらも、ラマダンを通して互いの絆を深める人々の姿を紹介する。
報告:土屋悠志(カイロ支局)

関連記事

ページの先頭へ