タンダ役 東出昌大さん

大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」

話題の大河ファンタジー「精霊の守り人」。現在放送中の「悲しき破壊神」でも、主人公・バルサを思い続ける魂のパートナー・タンダ役を演じる東出昌大さん。このドラマにかける意気込みなどをたっぷりと伺いました。

――新シリーズでのタンダ役には、どんな思いで挑みましたか?

 前シリーズから4年後の世界。実は、タンダのアゴにあった入れ墨が今回1本増えて……なんていうビジュアル的な変化はありませんでしたが(笑)、登場する国も人物も増え、物語のスケールはますます大きくなっています。その中でも変わらない、タンダの強さみたいなものを出していければと思いました。前回はバルサ(綾瀬はるか)を守るという使命が一番大きなものでしたが、今回また新たな課題に立ち向かっていくので、次々と降りかかる試練にもしっかりと向き合えるタンダでありたいと思って演じました。


――改めてタンダの魅力はどこにあると思いますか?

 芯の強さですね。タンダはバルサの幼なじみ。つまり永遠のソウルメイトです。その一方で、フラれてもフラれても(笑)、バルサに惹かれている部分もあります。でも、自分の感情を優先するよりも、バルサの生き方を見守り、山小屋でひとりつつましく暮らしながら彼女の幸せを願い続けることができる男なんですよね。そしてさらに、自分のスキルも人々のために役立つようにとコツコツと磨き続けている。一見引きこもっているかのようですが、彼の信念が強いからこそできる生き方なのだと思います。


――今回の撮影に入る際、バルサ役の綾瀬はるかさんと話はされましたか?

 “4年間”の空白期間を踏まえてお互いの関係はどうあるべきなのか、ということを話しました。でも、経年の変化というよりは、バルサもタンダもそれぞれの人物の魅力を考えながら演じていけばいいのかな、という結論になったんです。ドラマでは描かれていない4年の歳月も、「きっとお互いに成長して、今に至っているんだよね」って。それはきっと前シリーズから出演している皆さん全員が、今回共通して考えたことかもしれません。あとは、原作とも照らし合わせたりしながら、その“4年間”を自分なりに考えて演じました。


――東出さんは原作のファンでもあるそうですね。

 僕は幼いころからファンタジー小説が好きで、海外の作品だと『指輪物語』なども小学校5年生ぐらいに夢中になって。ですので、上橋菜穂子さんの原作、「『守り人』シリーズ」も、魅力的な作品だなと思い拝読していました。その世界観を大森寿美男さんが見事に脚本として描いてくださっているので、難しさもありながらとても楽しんで演じさせていただいています。


――上橋菜穂子さんとのエピソードがあれば教えてください。

 上橋さんがスタジオに見に来てくださった際に、「私の思った“タンダ”でした」って言ってくださったのがうれしかったです。それから、上橋さん自身がそれぞれの国を特徴づける衣装や、セットの作りの細やかさに驚いていたのも印象的でした。この作品って、食べ物ひとつとっても物語上の名前がついているでしょう? そういうファンタジーの世界観をスタッフの皆さんが細部まで丁寧に作り上げてくださっているので、僕らも演技をするうえでさらに気持ちが高まりました。


――ドラマでは、本当にそれぞれの“国”が見事に表現されていますね!

 そうなんです。この作品は、物語を見るだけでももちろん楽しめますが、それぞれの“国”の人々の衣装や暮らしなど、細部を見てもまた味わいがあって。何度見てもいろんな楽しみ方や発見があるドラマじゃないかなと思っています。


――ぜひ、番組をご覧になる皆さんにメッセージをお願いします!

 大河ファンタジーは超大作で1年ごとの放送になってはしまいますが、ぜひ現在放送中のシリーズはもちろん、この先のシリーズも引き続き楽しんでいただけたらうれしいです。いやー……でも僕自身一気に通して見たいな、と思ってしまうのが本音です(笑)。だって、それぐらい面白いですもんね! でも、じっくりと時間をかけて、ファンタジーならではのだいご味を味わっていただけたらうれしいです。

プロフィール

東出昌大(ひがしで・まさひろ)
東出昌大(ひがしで・まさひろ)
1988年生まれ。モデルとして、パリ・コレクションなどで活躍後、2012年、映画『桐島、部活やめるってよ』で俳優デビュー。この作品で第36回日本アカデミー賞新人俳優賞などを獲得。以後、映画、ドラマなど幅広く活躍。NHKでは連続テレビ小説「あまちゃん」「ごちそうさん」、大河ドラマ「花燃ゆ」などに出演。

みんなからの質問!

↓ 募集中です ↓

検索 NHKサイトでもっと探す

関連記事

その他の注目記事