中野直之役 矢本悠馬さん

大河ドラマ「おんな城主 直虎」

奥山六左衛門とともに直虎を支え続けてきた中野直之。すでにクランクアップを迎えた矢本さんに、役について、そして今後の見どころについて伺いました。

大河ドラマ初出演ですが、直之役に対する第一印象を教えてください。

「めっちゃ変なヤツ!」というのが最初の印象ですね(笑)。というのも、当初は直虎が城主になることにかなり反発していて、すぐに頭に血が上ってキレるという…、ちょっと振り切れた性格だったので(苦笑)。台本を読んで頑固な部分や頭が固いところは理解しているつもりでしたが、そこまでの演出になるとは思っておらず、正直、とまどいがありました。女性である直虎が自分より上に立つことをそこまで拒む気持ちも、現代人の僕には分かりづらかったですね。時代は違っても同じ人間なのだから、もう少し柔軟性があるんじゃないのかなって。演じる僕自身がそう感じるほどだったので、共演者も視聴者の皆さんも当初は直之のキャラクターにとまどわれたのではないかと思います。



その後、六左衛門とともに直虎を支えていくことになりますが、直之の変化をどう演じてこられましたか?

直之の変化を演じるのは、ある意味、不良が更生する姿を描く王道のストーリーに近いと思っていました。視聴者の方は直虎に感情移入してご覧になりますから、直之は嫌われ役からのスタート。それが剣の腕をいかして殿の身を守ってから、頼れる家臣となっていく。その過程で好感度を一気に上げようと思ったんです(笑)。後々、直之が直虎に忠誠を誓い、まるくなっていくことまで考えたうえで、逆算して演じたようなところがあります。


直之とは名コンビの六左衛門を演じる、田中美央さんとのふだんの関係は?

パワーバランス、僕の方が上ですよ! 冗談ですけど(笑)。役どころと同じで性格が真逆なんですよ。僕はどちらかというと気が強くて、“ザ・男”な性格。美央さんは大先輩ですが、ふだんから腰が低くて優しい方です。年下の僕が言うのもなんですが、見ていてかわいいなと思いますね。現場を和ませてくださる存在でもあります。もうふだんから六左で、まさにハマリ役。すごいキャスティングだなと思います。



直之を演じてこられて、いかがでしたか?

中野直之は、いわゆる誰でも知っているような歴史上の人物ではありません。名前は残っているけれど、詳しいことまでは史実として分かっていないんです。歴史に詳しい人はご存じだったかもしれませんが、多くの人が「中野直之って誰?」と思うような人物なんですよね。ですから、直之を生きたというよりも作った満足感の方が大きいような気がしています。視聴者の方のなかに僕が演じる中野直之のイメージが残っていったらうれしいですね。


最後にドラマをご覧になっている皆さんへ、メッセージをお願いします。

一度はつぶれてしまった井伊家ですが、成長した万千代が登場して新たな道を歩み始めました。結局、井伊谷の人々全員が虎松を直政にするための肥料で、万千代はずっと大事に育ててきた花なんですよね。そういう意味では、殿(直虎)についてきたことは間違っていなかったなと思いますね。

ドラマも終盤にさしかかりましたが、これからまだ直之の見せ場が控えていますので、最後までじっくりと楽しんでいただけたらと思います。


プロフィール

矢本悠馬(やもと・ゆうま)
矢本悠馬(やもと・ゆうま)
1990年生まれ。京都府出身。主な出演作に、ドラマ「ごめんね青春!」「ブスと野獣」「ゆとりですがなにか」、映画『ちはやふる』『破門 ふたりのヤクビョーガミ』、『君の膵臓をたべたい』、『トリガール!』、『ポンチョに夜明けの風をはらませて』など。NHKでは連続テレビ小説「花子とアン」、「ちゃんぽん食べたか」、大河ドラマ「真田丸」に出演。

みんなからの質問!

↓ 募集中です ↓

検索 NHKサイトでもっと探す

関連記事

その他の注目記事