小川みき 役 志尊 淳さん

ドラマ10「女子的生活」

NHKドラマ初主演の志尊淳さんが、現代社会に生きる、等身大の“トランスジェンダー女子”を熱演します! 役柄にかける思いを聞いてきました。

このドラマに出演が決まってのご感想は?

僕が演じる「みき」という“女性”は、体の性別は男性で生まれてきましたが心は女性、でも恋愛対象は女性です。もちろん、そういったトランスジェンダーの人物としてとらえることも重要ですが、僕はそれ以上に、人として前向きに生きているみきの爽快さだったり強さだったり、日常をまっすぐ歩いている姿にひかれました。僕が“女性の役”をやることで何か伝えられることがあるのなら、それを一生懸命やりたいなと思っています。


役作りはどんなことをしたのですか?

演出の方とは、最初から思い描く“みき像”がリンクしていて、芯のある女性を目指そうということになりました。そして、「トランスジェンダー指導」の西原さつきさんには、立ち方や表情の作り方、声の出し方などをトレーニングしていただいたり、心の内側の部分もお聞きしたりすることができました。

トランスジェンダーに関しての悩みを抱え込むより、今の自分の気持ちを大切に、周りの物事に正直にぶつかっていくひとりの女性として表現していけたらなと思っています。


1月12日放送の第2話には、みき(志尊淳)と近況を語り合う友人・ともちゃん役で西原さつきさん(右)も登場します!


みきを取り巻く共演者についてはいかがですか?

元同級生で、みきの家に転がり込んでくる後藤役の町田啓太くんとは、現場ではなぜか「夫婦みたい」と言われています(笑)。2人の距離が縮まったのはやっぱりお芝居の空気感でした。みきにとって、家とか、男性として生きていた学生時代を知っている後藤とは、自分を唯一解放できる空間でもあるので、そういった撮影では僕も解放されていくような感じがありました。後藤は、“昭和の男”という感じもありながら、バカでドMで(笑)、2人での撮影はいつも笑い声に包まれています。


1月19日放送の第3話では、偶然出会ったみき(志尊淳)の父・富生(本田博太郎)の前で新たな展開が!?


みきのファッションも見どころと伺いました!

そうなんです! みきは、ファストファッション会社で働くOLです。衣装さんたちが今の女性のトレンドをすごく研究しているので、毎日の衣装が本当におしゃれでかわいくて。「こんな服を着ている女性いいな」とか思ったりしながら、撮影しています(笑)。OLだけあって、“着回しコーデ”も充実しているので、そういうところも見ていただけるとおもしろいかもしれません。メイクもネイルもそのときその洋服で変えているんですよ!

それから、みきの衣装には、体型カバーのテクニックなども隠されているんです。肩幅が広いことがコンプレックスだったり、胸周り、腰周りを洋服でカバーしたりなど、そんな細かいところも見てほしいですね。


楽しみつつも、女性ファッションでの撮影は苦労があるんだとか?

この時期の撮影なので、とっても寒いです(笑)。スカートのときは足にレッグウォーマーを付けたり。シルエットがモコモコするのが嫌で着込むのを我慢したりもしています。

苦労といえば、爪も! 撮影中は、付け爪をしているんですけど、ごはんのときや着替えなども大変で、撮影が進むにつれて日々、女性への“尊敬度”が増しています!(笑)。


この先、みき(志尊淳)と後藤(町田啓太)の関係は!?


みきを通じて、どんなことが伝わったらいいなと思いますか?

まずは、「トランスジェンダー」という人がいることを知っていただけたらと思っています。それから、みきの「今を大切にして生きていこう」という姿勢には、僕もすごく背中を押されたので、見ている方々にも共感していただけるといいなと思います。明るく前向きになれるドラマだと思いますので、ぜひみなさん見てください!


2018年1月5日(金)放送スタート!
毎週金曜[総合]後10:00~10:49(全4回)

▶番組ホームページ

プロフィール

志尊 淳(しそん・じゅん)
志尊 淳(しそん・じゅん)
1995年生まれ。東京都出身。2011年俳優デビュー。以降、ドラマ、映画、舞台と活躍の場を広げている。NHK では、プレミアムよるドラマ「プリンセスメゾン」、土曜ドラマ「植木等とのぼせもん」、英語の基礎を学ぶ「エイエイGO!」にも出演。2018年秋公開の映画『走れ!T校バスケット部』では、主演を務める。

みんなからの質問!

↓ 募集中です ↓

関連記事

その他の注目記事