カブトムシの次はモンシロチョウが登場

ものすごい図鑑

2015年7月に公開され、反響を呼んだ「ものすごい図鑑」。このサイト、あなたは知っていましたか? この春、カブトムシに続いてモンシロチョウバージョンが登場! 様々なスペシャリストから構成されている“ウルトラテクノロジスト集団”チームラボが、サイト構築とデザインを手がけました。新たに追加された「電子顕微鏡モード」で、さらに詳細な体のつくりを観察できるようになりました。さっそく、その概要をご紹介しましょう!

ゲーム感覚で昆虫の知識がつく

ものすごい図鑑」とは、画面に映し出された昆虫の写真を観察できるインターネット図鑑。NHKが学校向けに放送している番組を、ウェブサイトで配信する「NHK for School」のコンテンツのひとつとして公開されています。

この図鑑が“ものすごい”のは、360度あらゆる角度から撮影された昆虫の画像をグルグルと回転させ、ズームしながら観察できるところ。印刷された図鑑では見ることができなかった角度で、細部にわたって昆虫の姿を見られるのです。

さぁ、それでは使ってみましょう。ズームしていくと、昆虫の体に円で囲まれた“ポイント”が表示され、クリックすることで詳細な説明が表示されます。例えば、モンシロチョウの羽の部分には「りんぷん」「風向感覚子」「発香りん」「たわみ感覚子」などのポイントが表示され、それぞれどのような働きをしているかを知ることができます。

また、今回の「モンシロチョウ」に搭載された「電子顕微鏡モード」では、ポイントをクリックするとミクロの世界にズームイン! 今まで見たことのない世界をのぞきながら、昆虫の体のつくりを学ぶことができます。

電子顕微鏡モードでモンシロチョウの口を見てみよう! こんなふうになっているんだ……
電子顕微鏡モードでモンシロチョウの口を見てみよう! こんなふうになっているんだ……

一度読んだ説明は「バッジ」として集められ、読んでいくごとに「Myバッジ コレクション」が増えていくという仕組み。まるでゲームのアイテムを集めていくような感覚で、楽しみながら昆虫の体のつくりや生態の知識がついていくコンテンツです。

コレクション好きにはたまらない!?
コレクション好きにはたまらない!?

子どもだけじゃなく、大人まで楽しめる図鑑

実を言うと、わたくしデジタル〔PR0101号〕も最初は「どうせただの図鑑でしょ」なんて思っていました。子どものころに読んだ昆虫図鑑を、ただ電子版にしただけのものだろうと……。

しかし! 「グルグル回転」や「ズームイン」などの機能を実際に使ってみると、想像していた以上に楽しいのです! インターネット環境さえあればどこでも見られるので、タブレットやスマートフォンを野外に持ち出して「昆虫採集をしながら図鑑で学ぶ」なんて使い方も可能です。

例えば、せっかく昆虫を捕まえても、「体のつくりがわからない」とか「どんな働きをしているのかわからない」なんてことは、よくある話。そんなとき、この図鑑を開けば「りんぷんはオスとメスで違う」ということや「味覚を足でも感じることができる」などの情報をその場でゲットでき、ちょっとした“昆虫博士”気分を味わえてしまいます!

スマートフォンでも楽しめます
スマートフォンでも楽しめます

2015年7月に第1弾「カブトムシ」 が公開されたあとには、図鑑を使いながら実際にカブトムシを探す番組「ものすごい図鑑をもって、さあ森へ! カブトムシ探検隊」がEテレで放送されたんですよ。

カブトムシとモンシロチョウをグルグル観察して、肉眼では見えないところまで詳しくなってくださいね!

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事