山里亮太がNHKスタッフに対するクレームを告白!?

ねほりんぱほりん

毎週水曜[Eテレ]後11:00

「テレビで、しかもNHKのEテレで、そんな過激なトークを繰り広げちゃっていいの!?」と、SNSを中心に波紋を呼んでいるバラエティー番組「ねほりんぱほりん」をご存じですか?

毎回、MCとゲストが“人形”にふんして赤裸々なトークを展開することで、大きな話題を呼んでいるんです! これまでに放送されたテーマは、「偽装キラキラ女子」「痴漢えん罪経験者」「元薬物経験者」など、どれも攻めた内容ばかり!

いつもはゲストに質問する側の南海キャンディーズ・山里亮太さんに、今回はワタクシが“ねほりはほり”いろんなことを聞いてきました! どんどん質問しちゃいますよ~。

山里さんの意外すぎる一面に迫る!

ーーモテないキャラと言われていますが、実際はモテているのでは?

山里:気持ちいい疑惑ですね。いや〜、実際モテないんですよ(笑)。

ーーなるほど! それで、本当のところはどうなんですか?

山里:納得していないんですね(笑)。でも、今のような仕事をしていなかったら、この女の子は俺とごはん食べていないだろうなと思うことはありますね。そういう意味では、モテてると言っても過言ではないかもしれないです(笑)。

この間、女の子から「山ちゃん、絶対モテるでしょ?」って言われたんですよ。「ということは、いい男として映っているということでしょ? じゃあ、つきあってくれる?」って聞いたら、「いや、私はアレだけど絶対モテると思う」って。アレって何ですかって感じですよ(怒)!

ーーちなみに“モテる人”の定義はなんだと思いますか?

山里:モテる人は、複数人から告白されるとか、女の子から「一晩だけでもいい」って言われるとか、うわさで聞いたことがあるんですよ……。お店に行ったら、メニューにない小鉢が出てきて、柱の陰で女将(おかみ)さんがこっちを見てほほえむ……みたいなね!

ーー妄想が止まりませんね(笑)。実際に小鉢を出された経験は?

山里:残念ながら、ないんですよね。行ったお店が悪かったのかな……(遠い目)。

ーーなっ、なるほど……。ちなみに、有名人で得したことや損したことはありますか?

山里:得したことしかないと思うんですよね。見たことがないものが見られるし、食べたことがないものも食べられる。あとは、憧れている人に知ってもらえるうれしさもありますね。

最近だと、「ねほりんぱほりん」を見てくれているお子さんに「大好きです」って言われたときはうれしかったです。子どもたちも喜んでくれているんだなって思いました。

家だと静か。そして涙もろい?!

ーー相方のしずちゃんとは、どんな会話をしているんですか?

山里:今までは一緒にいてもほとんど会話なんてなかったんですけど……(笑)。最近は、「山ちゃんのよく行くお店に行ったけど、おいしかったわ」などなど、フツ〜の話をしますね! なんと、しずちゃんから話しかけてくれるようになったんですよ。

ーー今までは、話しかけてこなかったんですね(笑)。
山里さんはMCの経験も多いですが、番組で聞き手になるとき、どんなことを意識していますか?

山里:驚くかもしれませんが、僕は聞き上手なんですよ。ふだんからそうなんですけど(笑)、番組でも、相手の話をちゃんと興味を持って聞くようにしています。「ココがオチなんだ」ってわかるときは、笑わせようとしていることに対するお礼の意味も込めてリアクションするようにしています! 「その人が話してくれること自体がありがたい」と思って聞いていますね。

ーー「つまらない話をしているな」と思うことはないんですか?

山里:聞いていておもしろくないときは、聞き手にも原因があると思うんです。僕には「話を絶対に成立させる」という思いが根底にあるので、「つまらないな」と思うことはほとんどないですよ!

ーー自分を良く見せることよりも、相手をおもしろく立てるほうが好きなんですか?

山里:人がいてこそ自分がいると思うんですよね。そう感じたのは、芸人になってからかもしれないです。

ーー「そこを兼ね備えている方」というと、どなたが浮かびますか?

山里:人を生かしつつ、お笑いのおもしろさも兼ね備えているハイブリットな芸人は、極楽とんぼの加藤浩次さん。相手をどうしたらおもしろくできるかを高い次元で実現しているのを見ると、「カッコイイな」って思いますね。

ーー最近、山里さんが興奮した瞬間はなんでしょうか?

山里:東野幸治さんと年に1回やっているライブ中ですね。ネタ中にお客さんの笑い声を聞いたときに、脳から何か出ているんじゃないかと思うくらい興奮しました!

ーーライブ前は、やはりピリピリしているんですか?

山里:ピリッとはしていないですけど、話しかけられたくはないですね。ライブでしゃべることを考えるので、できるだけ一人でいたいです。

ーープライベートのときと、テレビに出ているとき、山里さんにギャップはありますか??

山里:それが、ふだんからあんまり変わらないんですよ。ただ、家だと静かなんです。なので、家族はこんなに話している姿に驚いているみたいですね(笑)。

ーーそっちのほうが“素”なんですか?

山里:もともとは、おとなしいほうだと思いますよ!

ーー今の姿からは想像できないですね……。ちなみに、スイッチが切り替わるのは、どんなときですか?

山里:仕事が終わってゆっくりしているときですね。調子がいい日は家で一人で歌ったりしますけど(笑)。

ーーへぇ~! 最近、自宅で歌った曲は?

山里:ポルノグラフィティの「サウダージ」。あの曲好きなんですよね〜!

ーーでは次に、今まで本気で泣いたことってありますか?

山里:本気で泣いたことかぁ……実は、わりとすぐ泣くんですよ。がんばっている人に弱くて。必死で大縄跳びに挑戦している映像とか、泣けてきますね。

ーー最近はどんなことで泣きましたか?

山里:映画『聖(さとし)の青春』を見て泣きました。あれは、タイミングによっては相当なダメージを受けると思いますよ。自分ががんばっているときに見たら、すごく染みるんですよね。逆に、がんばっていなかったら自分の尻を叩けるんです。すごく良い映画でしたね。

ーー今年、話題になっている『君の名は。』はどうでしょう?

山里:もちろん見ました。そして泣きましたよ。恋愛系でも何でも好きなので。

「柔軟に対応して!」スタッフへの不満を暴露!?

ーーではここからは、NHKのことをどう思っているのかを聞いていきます。
台本に対して物申したいことはありますか?

山里:ありますね〜(笑)。台本に「山里(オチ)」って書いてあったりするんですよ! これくらいなら大丈夫なんですけど、番組終了のタイミングで「山里(大オチ)」って書いてあることも……。あれは相当なプレッシャーですよ、NHKさん。

ーーそれは“NHKならでは”なんですか?

山里:他局ではないですね。NHKの台本はすごく丁寧につくってあるので、“オチ”の文字を見つけたら「おぉ……NHK!」って思います。

ーーNHKで出会った変わり者のスタッフはいますか?

山里:もうね、「ねほりんぱほりん」チームのスタッフは皆さんがブッ飛んでいると思いますよ(笑)。いろいろなことに対してうがった見方をしていて、それをポップに伝えるのが上手なんですよ。みんな物腰も柔らかくて、丁寧でしっかりされているんですが、入れてくるネタは“ドギツイ”というギャップがたまらないですね。

ーー「ねほりんぱほりん」スタッフに言いたいことは?

山里:YOUさんが自由に暴れ始めたときに、あたふたしちゃうクセを直したほうがいいと思いますね(笑)。

ーーそんなことが! どんな感じなんですか?

山里:YOUさんは感情のおもむくままに質問する人なので、段取りと違う流れになることも多いんですよ。そうすると、スタッフ側がムリヤリ流れを戻そうとして、逆にちぐはぐになっちゃうんです……。

「いやいや、YOUさんは自由にさせたほうがいいんだよ」って思いますね(笑)。そこの柔軟さがあったら良いと思いますけど……って、こんなこと言ってスタッフに怒られたら責任とってくださいよ!!

赤裸々トークがおもしろすぎて、これからも見逃せません!

インタビュー中、何度も「ここまで話しちゃっていいの!?」と思ってしまうほど、ぶっちゃけてくれた山里さん。実は人見知り、そして“感動屋”という、テレビでは見られなかった意外な一面をかいま見ることができて、ワタクシも大満足でした! 番組ではこれからもガンガン攻めていくそうなので、どうぞお楽しみに♪

番組ホームページはこちら

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

その他の注目記事