ドラマ急展開!
井伊家にとっても運命の戦い・桶狭間!!

♢おんな城主 直虎

歴史が大好きな歴ドル・小日向えりさんが、大河ドラマや歴史番組を応援する連載企画。

今、「おんな城主 直虎」視聴者の女性は、2つの勢力に分かれていることでしょう。

亀派か? 鶴派か?

今さらですが、“亀”とは三浦春馬さん演じる井伊直親(幼名・亀之丞)。“鶴”とは高橋一生さん演じる小野政次(幼名・鶴丸)。

井伊直親派と小野政次派。まるで太陽と月のように、対照的な2人。
どちらも魅力的で、どっちの勢力に入るか、まだ決めかねている小日向です。

さて、前回2月26日の放送は、第8回「赤ちゃんはまだか」。
直親の正室・しのが次郎法師に襲いかかろうとするという、女同士のバトルが勃発!

見当違いに次郎を攻撃するしのに対して、怒りが抑えられないながらも、しのの立場に立って思いやり、直親との関係修復を手助けする次郎。井伊家の竜宮小僧として、好きな人の夫婦仲のサポートをしなければいけない、複雑な乙女心が描かれていました。

泣き虫しのさんは、井伊家の親戚筆頭の実力者、奥山朝利(ともとし)の娘。のちの井伊直政の母親となる女性です。

奥山家は子だくさんで、娘たちの多くが井伊家の重臣に嫁いでいます。しのの妹・なつは小野政次の弟・小野玄蕃と結婚し、亥之助という息子が生まれています。しのは、妹が元気な男の子を育てる姿をみて、よけい焦りがあったのかもしれませんね。

さあ、次回はいよいよ、桶狭間の戦いです。
東海道を制する大大名・今川義元 VS. 尾張を統一したばかりの織田信長。
今川軍2万5千に対して、織田軍はたった3千で立ち向かいます。

誰もが今川の勝利を疑っていませんでしたし、井伊谷で待つ井伊家の人々も、誰もが今川軍の勝利を信じていました。
しかし、みなさんご存じ、義元は信長の奇襲により、討ち取られてしまいます。
その日は、目も開けられないような大雨だったようで、一説には霰(あられ)だったとも。日本3大奇襲ともいわれる戦いですが、27歳の信長にとって必ずしも勝てるという確信はなく、人生初の一か八かの賭けだったのでしょう。

実際に桶狭間の地を歩いてみたことがありますが、今もこんこんと水が湧き出る湿地帯で、「ゲリラ豪雨のような雨がふったら、足下はぬかるんで軍を動かすことも難しいだろうな」と想像しました。

この戦いで、今川軍の先鋒として出陣していた井伊家の運命は…。ぜひ、第9回をご覧ください。

一方、松平元康(徳川家康)はというと、この混乱に乗じて岡崎に戻り、今川家から独立します!

今川、織田、徳川さまざまな武将の命運を分けた桶狭間。
大ピンチを迎える井伊家は、これからどの勢力に付くことに決めるのでしょうか?
世代交代で、弱体化する今川氏か? それとも織田と同盟し力をつけている松平家?
井伊家の人々は、今後の命運を分かつ決断を迫られます。

そして、次郎の運命もまた大きく変わろうとしています。
ますます見逃せません!

大河ドラマ「おんな城主 直虎」

第9回「桶狭間に死す」
【放送】3月5日(日)[総合]後8:00〜 /【再放送】3月11日(土)[総合]後1:05~

番組公式ホームページはこちら→http://www.nhk.or.jp/naotora/

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

関連記事

その他の注目記事