古舘伊知郎が名前の魅力を語りつくす!

人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!

4月6日(木)スタート 毎週木曜 [総合]後7:30

“すずき”“たなか”“さいとう”……。日本人の名前の意味や歴史をひもとく「人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!」が、2016年8月の放送につづき、この4月からレギュラー化が決定しました♪ MCを務めるのは、古舘伊知郎さん。どんなトークがさく裂するのでしょうか!?

笑いっぱなしの45分間!!

NHK局内でスタジオ収録があると聞きつけ、収録現場へ駆けつけたワタクシ。スタジオには古舘さんに加え、赤木野々花アナウンサー、レギュラーで出演する宮崎美子さん、ハライチ 澤部 佑さん、“なぜか読めちゃう名字ゲスト”として清水 圭さん、五月女ケイ子さん、仁科亜季子さん、そして姓名を研究している森岡 浩先生がいらっしゃいました。

この日の収録は4月27日(木)放送の「言われてみればフシギな読み方」がテーマの回。“長谷川”と書いてなぜ“はせがわ”なのか? “東海林”と書いてなぜ“しょうじ”なのか? 本来はそう読まない漢字がなぜその読み方になったのか、その理由を調査していきます。

東海林のり子リポーターが、街頭インタビュー!
東海林のり子リポーターが、街頭インタビュー!

収録がスタートするなり、古舘さんのアドリブを交えたトークと、澤部さんのツッコミがスタジオを盛り上げます! 番組ではVTRを見ながら“おなまえっ!”の謎を解明していくのですが、そのVTRに登場するレポーターも、そのレポートの内容も秀逸なんです(笑)。観覧のお客さんもスタッフたちも終始笑いっぱなし! これは見逃せませんよ♪

そして、スタジオでは“名字ゲスト”の皆さんのお名前の由来も解明します。「そんな意味があったの?」と目を丸くする仁科さん。五月女さんはご自身の名字の由来をご存知で、それには古舘さんもびっくり。え?どんな意味があるかって? それは番組を見てのお楽しみです♪

「八月一日」は何と読む?
「八月一日」は何と読む?

そしてスタジオ収録直後の古舘さんに、今後の意気込みなどをインタビューしてきました!

古舘さんが語る“おなまえっ!”の魅力

――レギュラー化された感想は?

2016年8月の放送のとき、「特番らしい特番だな」と思ったんですよ。だから、「特番で1年に1回か2回やるものなのかな?」って思っていたから、レギュラー化すると聞いてちょっとビックリしたんですよ! でもレギュラー番組になって本当にうれしかったですね。

――収録を重ねて、手ごたえは感じていますか?

手ごたえはもちろんあります(笑)。出演していて、おもしろいし、楽しいんですよ! ふだん名前に対して、あまりストーリーや深みを感じずに、まるで記号のように呼びあって過ごしていますよね。この番組を通して勉強になることがとても多いんです。

例えば、平安時代の貴族が「なぜこの名前に執着したのか?」など、その時代の人々の思いが名字や名前には乗り移っているんです。これをひもといていくんだから、おもしろいですよね。

――どんな人たちにこの番組を見ていただきたいですか?

自分の名字が「ポピュラーすぎておもしろくない」と思っている方に見ていただきたい! 「ありきたりな名字だと思っていたけど、こんなに深い歴史や人々の思いが凝縮されて今につながっているんだ!」と再発見ができますから。そして、珍しい名字の方にも見ていただきたいです。「何でこんな名前になった?」「どうしてこんな読み方になった?」と、探っていくと時代背景が見えてくるんですよ。

もちろん、老若男女問わず、多くの方が楽しめる番組だと思います。知人の鈴木さんに「鈴木姓というのは、日本の信仰の脈々とした流れができて全国に神社が建立されていったときに……」と由来を語ったら、モテますよね(笑)。ただこの番組をやっていて気づいたのですが、鈴木さん自身が自分の名前の由来を飲み屋で語ってはダメ! だって聞いている鈴木さん以外の人は、興味ないですから(笑)。

――番組のテーマについて下調べとかしますか?

番組スタッフがすでに“おなまえっ!”に詳しいんですよ。そしてNHKの強みは、“独自の調査”ができること。「さいとうさんの“さい”の字の種類が多くて困ったことはありませんか?」と聞いて回ったり、徹底的にやってます。
そこまで調べ上げた状態で僕は打ち合わせに参加するので、楽をしていますね。 オンエアでは、打ち合わせで聞いた内容を「俺が調べた!」って雰囲気でしゃべっていますけど(笑)。

――今後もスタジオを飛び出して、ロケに参加していきたいですか?

夏の特番のときに石川県にある集落に行ったのですが、それがとてもおもしろかったです。各方角に東さん、西さん、南さん、北さん、真ん中に“仲を取りもつ”中さんがいるんですよ。そこで、なぜ東西南北になったのか調べてみると、日本の歴史が見えてきたんですね。

4月6日(木)放送の「さいとうさん」の回では、伊勢神宮に出向いたのですが、いろんな出会いがありましたし、“さいとう”姓にまつわる形でお伊勢様の深みに接することができました。いっぱい話していたのに、スタジオ収録でVTR見たらほぼカットされていたんですけど……。

実際に取材に行って、それをVTRにして紹介するのがテレビの良さですから、これからも取材に出て、さまざまなことを伝えていきたいですね。

――今後調べてみたい“おなまえっ!”はありますか?

いや~いっぱいありすぎて……(笑)。

いつかやりたいのは、番組でお世話になっている森岡先生の“森岡”姓ですね。“おか”といっても“丘”の方じゃないから、ただ単に“森の近くだった”という由来だけではないと思いますし。僕はあんまりポピュラーすぎず、珍しすぎない、中間域に魅力を感じますね。そのあたりって結構狙い目だと思うんですよ。「全国にこの名前を広げたい」とあんまり言わなかった人たちの名字にどんなストーリーがあるのかなって、気になりますね。

とにかくお名前はいっぱいあるので、どんどん調べていきたいです!

あなたの名前も取り上げられるかも?!
あなたの名前も取り上げられるかも?!

「テレビの前にご家族で集まってもらいたい」という思いから始まった「人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!」。家族でテレビを見ながら語り合ったり、会社や学校で雑学として披露したり、楽しみですね! 番組では名前にまつわるおもしろエピソードも募集中。皆さん、さまざまな“おなまえっ!”の歴史と由来を学んで盛り上がりましょう♪

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事