おしゃべりとお料理とダジャレが大暴走? 新たな伝説が始まる!

♢きょうの料理「生放送COOK9」

4月27日(木)[Eテレ]後9:00(毎月最終木曜)
再放送:翌週月曜日[Eテレ]前11:00

今年で放送60周年を迎える「きょうの料理」。4月から毎月最終木曜日は新企画「生放送COOK9」をお届けします! 読み方はクックナイン! 何だかかっこいいですね♪

生の臨場感をお茶の間へお届けする「COOK9」

「COOK9」の司会は、谷原章介さんと後藤繁榮アナウンサー。個性豊かな料理研究家をゲストに迎え、テーマに沿った絶品料理を教えてくれます。

放送中は、視聴者の皆さんからリクエストを募集。リクエストされた食材でちょい足しレシピをつくってくれたり、質問に答えてくれたりするそうですよ。これは楽しみですね~♪

そして第1回のゲストは、レジェンド・平野レミさんと、息ぴったりの絶妙なやりとりが人気の小林まさみさん&まさるさん親子です。なにやらハプニングの予感が……。

ということで、司会の谷原章介さんに意気込みと番組を楽しむポイントを聞いてきました!

“モンスター”たちを谷原さんが仕切る!

――“料理番組”ということで、意識していることはありますか?

「きょうの料理」に出演してから今年で5年目になりますが、特に意識しているのは「料理をしていただく方にいかにリラックスしていただくか」ということですね。その方の料理に対する思いを、いかに魅力的に見せるか常に考えています。

そして何より、“視聴者の代表”という気持ちで番組に臨んでいます。相手は“料理のプロ”なので、当たり前のようにやっていることを、あえて「なんでここで、そうするんですか?」と聞くようにしています。

例えば、3月に放送した「Timeless Kitchen」で辰巳芳子先生が小松菜を使った料理を作ったのですが、葉と茎をきちんと分けて調理したんです。その理由を聞くと、「葉と茎はまったく別物。だからゆで上げたときに、歯ごたえが全然違うでしょ。」とおっしゃったんです。
ふだん、僕が料理するときは「まぁいいや!」と思って、そういうふうにやっていないのですが、そこまでこだわることによって、料理の質が上がるんですね。

――番組で紹介された料理をご自宅でつくることもあるんですか?

ありますよ! 家でよくナムルをつくるんですけど、2月に登場した李 映林(リ・エイリン)さんのナムルのつくり方がとっても勉強になりました。李さんはホーローのバットを使っていたのですが、それにも意味があったんですよ。ホーローの場合はガラス質なので、どんな素材でも変質しない。しかも早く冷めるので、汁気が出にくくなります。それを先生たちは知識と経験で知っているんですね。

ある意味“おばあちゃんの知恵袋”的なことですよね。そういうことも「きょうの料理」を通してお伝えしていきたいです。

――ところで、今までの放送でいちばん印象的だった回は?

やはり昨年11月に放送した「生放送 月刊きょうの料理」の“土井善晴vs.平野レミ”ですね。あれは越えられないですよね(笑)。

台本だと、それぞれがつくったものをお互い試食をしない予定だったんですが、土井さんが「レミさん、ちょっと食べてみてよ」と声をかけてしまって……。しかも、レミさんもノリノリで食べていて、その場の雰囲気で台本以外のことが起こったのがおもしろかったですし、後藤アナにいたっては、その時使った食材・イカに関するダジャレがさく裂していましたね(笑)。

今後もダジャレが飛び出す?! 左から後藤アナ、谷原さん
今後もダジャレが飛び出す?! 左から後藤アナ、谷原さん

――「COOK9」の初回も、レミさんと後藤繁榮アナのコンビですね!

“クッキングモンスター”のレミさんに“ダジャレモンスター”の後藤アナ。モンスターづくしでとても楽しみです(笑)。視聴者の方からすると、レミさんは大ざっぱに見えるかもしれませんが、とても繊細な方なんです。
レミさんは、現場の即興性を大事にされていて、「自分の料理に目新しさがなくなるから」と、リハーサルをやらないんですよ。その結果、本番でハプニングが起こるんですけど、それもまた“クッキングモンスター・平野レミ”のエンターテインメントだと思います(笑)。繊細さと大胆さが同居しているのが彼女の魅力ですよね。

後藤アナはきちんと進行してくださるのですが……ダジャレに夢中になると、急に“向こう側”にいっちゃうんですよ(笑)。「いや、後藤アナはこっち側でしょ!」って思うんですけど、そうやって出演者全員が楽しくしているのがいちばんいいですよね。でも、おしゃべりとお料理とダジャレが暴走したときは、僕がコントロールしないといけないかな……(苦笑)。

――今から楽しみですね! 最後に番組の見どころとメッセージをお願いします。

“生放送”なので、僕自身も「よしっ!」と気合いが入ります。毎回「20分で晩ごはん」のような感じになるのではないでしょうか(笑)。ふだんの「きょうの料理」とは違った、“ハラハラドキドキ”を楽しみにしていただきたいと思います!

それと「きょうの料理」のオープニング曲に、レミさんが歌詞をつけてくれるのですが、毎回歌詞が違います(笑)。ご自身でつくった歌詞なのに、いつもアレンジされちゃうんですよね。“正解の歌詞は?”“今回はどんな歌詞になるのか?”にもご注目ください♪

生放送百戦錬磨の谷原さんでも気合いが入るという「COOK9」。おいしい料理も楽しみですが、ゲストの皆さんとの絡みも見逃せませんね。

そして、あなたのリクエストが料理の仕上がりを変えるかもしれません。ぜひ番組にご参加ください!

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事