サカナクション・山口一郎が提案する、音楽の楽しみ方

サカナクション・山口一郎 Night Fishing Radio

隔週日曜放送[NHK-FM]後6:00
※詳しくは番組表でご確認ください

サカナクションのボーカル・山口一郎さんがMCを務めるラジオ番組「サカナクション・山口一郎 Night Fishing Radio」。「“音”故知新」をコンセンプトに、ハウスミュージックやテクノ、エレクトロニカからアニソンに演歌まで、幅広いスタイルのサウンドを、山口一郎さんのナビゲーションでお届けしています。

山口さんがMCをつとめるということで、その胸中を探るべく、ご本人を直撃してきました!

新しい“音楽の楽しみ方”を提案したい

――「Night Fishing Radio」はどんな番組でしょうか?

皆さんがふだん聴いている音楽の知っているようで知らない歴史や、音楽に関する言葉の意味などについて、リポーターとともに紹介していきます。

たとえば、「ヘビーメタル」というジャンルは知っているけど、そのルーツについては知らないという方が多いと思います。それを説明することで、“そのジャンル自体を好きになるかどうか人によって分かれる”というのが、この番組のおもしろいところです。

ちなみに、この番組に関しては、僕自身もリスナーだと思って放送しているんですよ(笑)。そもそも、僕がリスナー目線で話を聞くのがおもしろいと思いますし、リスナーも説明を聞いたうえで、さまざまな解釈を持って良いと思うんです。トークに対して「この人は何を言っているんだろう」と感じるのもアリですね。

自分自身も楽しみながら、収録に臨む山口一郎さん
自分自身も楽しみながら、収録に臨む山口一郎さん

――ラジオのオファーがきたとき、どう思いましたか?

実は番組のプロデューサーに、以前から「ラジオで音楽番組をやりたい」と提案していたんです。僕らミュージシャンは、ステージや音源から歌を届けるのが本職なので、何か伝えたいことがあっても、発信できる場所は自分のメディアしかないんです。

それに、自分のメディアで話をするのと、公のメディアで話をするのではまったく説得力が違いますよね。音楽の話をしたいなとずっと思っていましたし、信頼している方とそんな番組をつくれたらと思っていたので、うれしかったですね。

“音楽のルーツを知る楽しさ”を感じてほしい

――4月9日(日)が初回放送でしたが、いかがでしたか?

“知らないことを知る”というのは、あらためておもしろいと感じましたね! 今後も番組を聴いて、「こんな歴史があったのか」とか「こういう概念でこのジャンルがあるのか」と知っていただける場所を提供していきたいと思いました。音楽のルーツを知るきっかけが僕らの番組だったらうれしいし、そこから音楽に興味を持っていただけたら本望です。

――なかなかその音楽のルーツを知る機会はないですもんね。

ビジュアル系やアイドルグループをはじめ、毎回さまざまな音楽について“真剣に”議論しながら曲を聴く機会は、なかなかないですよね。

ただこの番組は、身近なジャンルを取りあげているだけで、音楽の授業でベートーベンの歴史を習っているのと同じことだと思うんですよ。学校の授業でもこういう話が聞けたら、もっと音楽を好きになる人が増えるんだろうなって思います。

今はジャンルだけですが、今後はカルチャーや楽器についても取り上げていきたいですね。

――山口さんが音楽のおもしろさを知ったきっかけを教えてください。

こどものころ、フォークシンガーの友部正人さんが実家の喫茶店にコンサートをしに来てくれたんですよ。当時の僕は大人が真剣な顔で歌っている姿を見て、衝撃を受けました。まわりの人たちも、友部さんの曲をマジメな表情で聴いていたのが印象的で、「音楽ってすごい! 僕も音楽をやりたい!」と思ったのがきっかけですね。

ちなみに、大人になって友部さんにお会いした時に、実家の喫茶店でライブをしたことを覚えていてくれて、とてもうれしかったです(笑)。

――4月23日は演歌を特集していましたね。山口さんが「すごい!」と思う演歌歌手って、どなたですか?

北島三郎さんですね。紅白歌合戦に出場した時、「まつり」を生で聴いて感銘を受けました!

当時の僕はフェラ・クティというアーティストが好きで、アフロビートをよく聴いていたんです。それで北島三郎さんの「まつり」を聴いたら、これってアフロビートに通ずる民族的な音楽だなと思いました。「日本の民族的なノリは、ダンスミュージックとして捉えることもできるんだな」という新しい発見ができました。

――最後に、リスナーの皆さんにメッセージをどうぞ!

まだインターネットが身近じゃない時は、音楽を知りたいと思ったらレコードショップへ行ったり、音楽雑誌の記事を読んだりして知識を取り入れるのが当たり前でした。

でも今はインターネットが普及したことで、簡単に音楽を聴けるようになったので、自分の好きなものしか探らなくなっている気がするんですよね。なので、この番組をきっかけに“音楽の新しい探り方”を知ってほしいと思います。あとは、食わず嫌いをせずにたくさんの音楽に手を伸ばすようなきっかけをつくれたらうれしいですね。

山口さんにお話を伺って、音楽はただ単に耳で楽しむだけはなく、時代背景を理解したうえで聴くことにより、何重にもおもしろみが増すということがわかりました!

「ヘビーメタルとか激しめな曲は苦手だな〜」とか「ラップって早口で聴き取りづらい」なんて音楽に偏見がある人こそ必聴です。「Night Fishing Radio」が、あなたの音楽に対する価値観をガラリと変えてくれること間違いなしですよ!

【放送日時】
隔週日曜放送[NHK-FM]後6:00

番組ホームページはこちら

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事