ボディータッチが絶妙?! 東野幸治がロケの裏側を語る

梅沢富美男と東野幸治のまんぷく農家メシ!

毎週火曜[BSプレミアム]後6:30

“下町の玉三郎”こと梅沢富美男さんとタレント・東野幸治さんが、全国の農家の方を訪ね、生産者だからこそ知っている“農家メシ”を食べつくすグルメバラエティー「梅沢富美男と東野幸治のまんぷく農家メシ!」。このお二人、意外な組み合わせのような気もしますが、番組を見るととっても楽しそうです!

ロケの裏側が気になったワタクシ、東野幸治さんと土居勝徳プロデューサーにお話を聞いてきました。

東野さんの一言が番組制作のキッカケに!?

――この番組のオファーがきたときの感想は?

東野:さまざまな農家のお宅で、おいしい野菜が食べられるからラッキーやなぁと思いましたね(笑)。

土居:実は、以前クイズ番組にご出演いただいた際に、東野さんが「農家のおいしいごはんを食べる番組をやってみたい」とおっしゃっていたんです。その時は世間話程度だったのですが、ようやく実現できたという経緯があります。

――番組ではさまざまな農家の方とふれあっていますが、心がけていることはありますか?

東野:農家の方とお話しする機会もなかなかないので、興味のあることはどんどん質問するようにしていますね。あと、年配の方々の梅沢さんに対するリスペクトはすごいですね。もう「神様がきた!」くらいのテンションですね(笑)。カメラが回っていないところでは女形の話をしていますし、農家の皆さんが快く協力してくれるのは、梅沢さんのおかげですね。

梅沢さんは農家の方のお話をちゃんと聞くんですよ。それも手を握りながら……。その、ちょっとしたボディータッチが絶妙で! 僕が1回手を握っている間に、梅沢さんは10回は握っていますから(笑)。また、撮影が終わると一緒に写真を撮ったり、色紙にサインを書いたりするんですが、梅沢さんはちゃんと女形の写真もそえていて抜かりがない(笑)。

農家の方と記念にパチリ♪

――梅沢さんとはロケ中、どんな感じなんですか?

東野:移動中は梅沢さんが軽自動車を運転して、助手席に乗らせてもらって農家を巡ります。軽自動車の車中では、いろんなお話をしているので、楽しい1日ですよ。会話の内容は、放送では使えないことばかりですけど(笑)。

土居:ほぼ使えないですね(笑)。

――なぜ、先輩である梅沢さんが運転されているんですか?

土居:はじめは、東野さんに運転していただこうと思っていたんですけど、ロケ現場で梅沢さんが「俺が運転するよ」って言いだしまして……。

東野:梅沢さんとしては、自分で運転した方がいいそうなんです。運転がうまい人は、ブレーキを踏むタイミングなど、ちょっとしたことがストレスになるみたいですよ。僕は全然そんなの気にならないから「そうですか」って、ありがたく助手席に乗らせてもらっています。

土居:番組上は「先輩をいじめている」と言っていますけど……。

東野:ご本人が「どうしてもやりたい!」と言っているので、しょうがないですね(笑)。

梅沢さんの運転姿は、ぜひ番組で!

――この番組に出演するようになって、何か変化はありましたか?

東野:先日ジムでトレーニングをしていたら、おじいちゃんに「農家でごはん食べるやつ、見てるよ〜」と言われました。この番組と、某テレビ局で出演中の医療系番組は年配の方がよく見てくださっていますね。“食”と“健康”が気になるんですね。

――ますます好感度があがっていますね!

東野:そんなこと、みじんも思っていないですよ!

最終回はネギ? その理由とは……

――農家のお宅でいただくお料理はどれもおいしそうですね。

東野:全部おいしいですね! “素材そのままのおいしさ”を大切にした料理が多いんです。畑に行って、とった野菜をすぐに食べると「あっ、こんな味なんや」とあらためて感じますね。厚みがあって、かみごたえも抜群ですし、新鮮な野菜は食感も楽しいです。

先日、アスパラガスをつくっている農家をたずねたのですが、東京のスーパーで買うアスパラガスとは大きさが全然違いました。とれたてを食べてきたせいか、春キャベツも東京で買ったものはいまいちだったんですよね……。舌がこえてしまいましたね〜(笑)。

農家メシの“アスパラピザ”。アスパラの大きさにビックリです!

――ロケで食べた“農家メシ”をご自宅でつくったことはありますか?

東野:たまにつくりますよ! 春キャベツは焼くだけで甘みが増します。フライパンに並べてから、オリーブオイルで蒸し焼きにして、塩コショウをふるだけで、おいしいですよ。

――農家の方と直接お話しすると、野菜についても詳しくなれそうですね。

東野:本当、詳しくなりましたね〜。畑は乾燥していて“パッサパサ”だということもわかりましたね。

土居:トマトとかは水分をあまり与えないことで野菜の甘みが増すそうで、畑の土は乾いているんです。

東野:最近は“カブは千葉県の柏市が一大生産地”ということを学びましたね。「カブといえば柏」とか「春ニンジンは四国の徳島県」という情報がスラスラと出てきたら「あの人、賢そうやな」って思ってもらえるでしょ(笑)。実際に行っているから記憶に残るので、一石二鳥ですね。

――野菜に詳しくなったら、食レポにも気合いが入りそうですね!

東野:そこは、もう全然ダメですよ……。「うまい」「あまい」だけですね(笑)。

土居:番組が始まるときに「食レポがんばってください!」とお願いしていたんですけどね。

東野:「はい、はい、わかりました~」って聞き流しました。1軒目は空腹なので言葉があふれでてくるのですが、6軒目になると……(笑)。ただ、ご飯は本当においしいんですよ!

――まさに“まんぷく”ですね(笑)。今後、食べてみたい野菜はありますか?

東野:毎回、梅沢さんと話しているんですけど、“まつたけ”ですね。せっかくだから“まつたけ”は食べておかないとダメでしょ!

土居:先に言っておきますけど、“まつたけ”は行かないですよ……。

東野:えぇ~! あと、梅沢さんはネギが嫌いなんで「最終回はネギですね」みたいな話をしています。

土居:梅沢さんがネギを食べられたら、ご褒美に“まつたけ”ですかね(笑)。

インタビューの最後に「北海道から沖縄まで、全都道府県のおいしい野菜を食べにいこうと思っているんで、そのときはよろしくお願いします!」とおっしゃっていた東野さん。梅沢さんと東野さんが次に訪れるのは、あなたの町かもしれませんよ♪ 二人と一緒に日本の野菜の魅力を発見しましょう!

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

その他の注目記事