太賀 NHKドラマ初主演!
野球を通して絆を深めた4兄弟の物語

1942年のプレイボール

野球を通して絆を強め、青春を燃やした4人の兄弟たちの姿を感動的に描く、スペシャルドラマ。脚本は八津弘幸さん。主人公・野口二郎役は、NHKドラマ初主演の太賀さん。二郎の兄・野口 明役を勝地 涼さん、明の婚約者・喜美子役を忽那汐里さんが演じます。

戦前から戦後にかけて、日本のプロ野球で活躍した4人の兄弟がいた。野口 明、二郎、昇、渉。
中でも、次男の野口二郎は、“大谷翔平”に匹敵する二刀流で、休まずに試合に出続ける姿は“鉄腕”と賞賛された。

しかし、戦争の影が次第に兄弟たちの夢を引き裂いていく。
「野球がしたい、戦争なんかに、その大事な気持ちまで奪われたらいけない」
戦況悪化とともに死を身近に見つめる若者たちが、4人そろってプロの場で活躍することはかなうのか。

主演・太賀さんコメント
「1942年のプレイボール」は戦争に翻弄されながらも、そろって職業野球のグラウンドに立つことを夢見た4兄弟の“約束”の物語です。実在した野口二郎さんの史実を基に、戦時下の混乱の中、誰かを思いやることの尊さ、何かに熱中することのすばらしさが今作には描かれています。戦後70年を経た今、現代に生きる自分にこの作品で何が表現出来るのだろうと、自問を繰り返しながら、丁寧に演じていきたいと思います。

土曜ドラマスペシャル「1942年のプレイボール」

【放送予定】8月12日(土)[総合]後7:30〜8:45

【ストーリー】
昭和16(1941)年、野口二郎(太賀)は、職業野球の大洋軍でチームのエース、打っては4番の大活躍を見せていた。三男・昇(斎藤嘉樹)も阪神軍に入団、四男・渉(福山康平)は甲子園大会が中止になったものの、プロを目指していた。12月、太平洋戦争が始まると、長男・明(勝地 涼)が兵役を終えて満州から帰国する。かつては名投手で弟たちの憧れだった明だが、手りゅう弾の投げすぎで肩を壊していた。明は自信を失い、婚約者である喜美子(忽那汐里)とも別れようとする。二郎は明にかつての自分を取り戻してほしいと必死になるが--。

【出演】
太賀、勝地 涼、忽那汐里、斎藤嘉樹、福山康平、須田亜香里(SKE48)、宮崎美子、でんでん ほか

【作】八津弘幸(『半沢直樹』、『ルーズヴェルト・ゲーム』、『下町ロケット』、『赤めだか』ほか)
【音楽】渡邊 崇(三重発地域ドラマ「ラジカセ」ほか)
【演出】桑野智宏
【制作統括】吉永 証

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事