エイリアンの攻撃によって荒廃した地球で、監視の任務にあたるジャック。ある日、墜落した宇宙船からジャックが救出したのは、夢に何度もでてくる女性でした。ジュリアというその女性は何者なのか。謎が深まるなか、ジャックは何者かに捕らえられてしまいます。そして…。
今回ご紹介するのは、トム・クルーズ主演のSF大作「オブリビオン」(2013)です。

脚本完成前から注目し、出演を決めた!

「トップガン」(1986)で世界的なスターとなってから30年以上、常に第一線で活躍し続けているトム・クルーズ。この作品でも体をはったアクションに取り組み、そのストイックな映画への情熱には、頭が下がります。巨匠スティーブン・スピルバーグやスタンリー・キューブリックの作品に出演する一方、製作者として、J・J・エイブラムス、クリストファー・マッカリーといった新鋭を起用し、その才能を開花させています。この作品も、原作・製作・監督のジョセフ・コシンスキーは、これが監督2作目ですが、トムは脚本の完成前から注目し、出演を決めたということです。

スーパースターと気鋭の監督の脇を固めるのは、国際的なキャストとスタッフです。
ジュリアを演じるオルガ・キュリレンコは、ウクライナ出身。トップモデルとして活躍し、「007/慰めの報酬」(2008)で注目されました。そして、イギリス出身のアンドレア・ライズブロー、デンマーク出身のニコライ・コスター・ワルドーといった実力派、「ザ・ファイター」(2010)でアカデミー賞受賞のメリッサ・レオ、クエンティン・タランティーノ作品の常連で、スタント俳優として知られるゾーイ・ベル、さらに物語のカギを握る男を演じるのは、名優・モーガン・フリーマンです。

撮影は、チリ出身で「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」(2012)でアカデミー賞を受賞したクラウディオ・ミランダ。アイスランドで撮影された荒涼とした大地は迫力に満ちています。音楽は、フランスのエレクトロ・ポップ・グループ、M83。さらにレッド・ツェッペリンの「ランブル・オン」、プロコル・ハルムの「青い影」といった名曲が、効果的に使われています。
ユニークなビジュアル、そして、あっと驚く展開の物語をお楽しみください。

翌週19日(月)には、クライム・アクションを得意とする名匠・マイケル・マン監督の傑作「コラテラル」(2004)を放送します。この作品では、現代のLAを舞台に、トム・クルーズが悪役・冷酷無比な殺し屋に挑戦しています。こちらもぜひご覧ください。

【放送日時】
プレミアムシネマ「オブリビオン」
6月12日(月)[BSプレミアム]後9:00~11:05

そのほかの映画情報はこちら