《平成29年度後期 連続テレビ小説》
大阪編の出演者 コメントが到着!

わろてんか【会見】

NHK大阪放送局では、10月2日(月)からはじまる連続テレビ小説「わろてんか」の「主な出演者発表 Part2 ~今回はついに大阪編~」の取材会を行いました。

ヒロイン・藤岡てん役の葵 わかなさん、夫・北村藤吉役の松坂桃李さんとともに、鈴木京香さん、広瀬アリスさん、大野拓朗さん、藤井 隆さんが登壇。また、そのほか、前野朋哉さん、枝元 萌さん、兵動大樹さんの出演が発表になりました。

ここでは、登壇した出演者のコメントを「たっぷり」紹介します。

藤吉の母
北村啄子(きたむら・つえこ) 役・鈴木京香 さん

啄子役をやらせていただきます、鈴木京香です。私も、連続テレビ小説のヒロインをやらせていただいたことがあります。その撮影中にスタッフの方から、「ヒロインのお母さん役になって帰ってきて」とよく言われていましたが、こうやってすてきなヒロインの、いけずではありますが、お姑役で、再び連続テレビ小説に出させていただくことができました。本当にこの撮影を楽しみにしています。

啄子はてんちゃんのことを、最初はかなりいけずにいびるかもしれませんけど、1人の女性として、1人の人間として、てんちゃんが人生を生きていく上でのお手本となる人です。啄子がてんちゃんにいい後ろ姿を見せていけるように、私も一生懸命やっていきたいなと思います。

私がヒロインを演じた当時のスタッフやキャストの方々となかなかご一緒する機会がありませんから、今回ここでがんばって、当時お世話になった方たちに、ご恩返し的なことも出来るんじゃないかと思っていますので、皆さんと楽しく一生懸命やりたいと思っています。

ヒロイン・てんの恋敵か、終生の友か
秦野リリコ(はたの・りりこ) 役・広瀬アリス さん

秦野リリコを演じさせていただきます、広瀬アリスです。てんちゃんの恋敵ということで、実際にお会いして、こんなにかわいらしい子を私がいじめるのかと思うと、本当に心が痛いです(笑)。

いまいただいている台本では、てんちゃんにイジワルなちょっかいばっかり出しているので、いつかは「リリコいい子だな」って思ってもらえるようになればいいなと願っております。長期間大阪での撮影になりますが、気合いは十分なので精いっぱい頑張ります。

“しゃべくり漫才”を生んだ男?
キース 役・大野拓朗 さん

キース役を演じさせていただきます大野拓朗です。今の漫才の原型を作り上げた伝説の芸人さんの役をやらせていただく訳ですが、僕自身はずっと「おもしろい人間になりたい」って思いながら生きてきた、真面目なつまらない人間なんで・・・(笑)。

だから、すごくおもしろくて、頭の回転が速くて、奇想天外な行動力のある、キースという役にまさか自分を抜てきしていただいたことに驚きつつも、精いっぱい演じさせていただくことで、キースのいい部分をたくさんたくさん僕自身の身につけて、撮影が終わる頃にはおもしろい人間になれてたらなと思います。

あとは、大阪に住みながらの撮影になるので、大阪にどっぷり染まり、撮影が終わる頃には完璧な大阪人になれたらな、と思っています(笑)。

まったくおもしろくない芸人
万丈目吉蔵(まんじょうめ・きちぞう) 役・藤井 隆 さん

万丈目吉蔵の役で番組に参加させていただきます藤井 隆です。“全くおもしろくない、ウケない芸人役”と聞きまして、私はもう何の練習もいらないなと、このまま地でいけばいいんだなと思って安心しております(笑)。

台本を読ませていただいて、てんちゃんがコロコロっと笑っているのが聞こえてくるようなすごく楽しい台本だったので、7月から撮影に参加できることをとても楽しみにしております。今回のスタッフのみなさんには、もう何度もお世話になっている方が多くて、すごく安心しています。

今日もこんなにたくさんの記者の皆さんにお集まりいただきまして、注目されているんだなと思いました。みなさんのお力をお借りして、たくさんの方々にこのドラマの魅力を知っていただきたいと思います。

ヒロイン
藤岡てん(ふじおか・てん) 役・葵 わかな さん

今、京都編を撮っています。前回発表になったキャストの方々と楽しく、明るく、おもしろい撮影が続いていて、どんなドラマになるのかとっても楽しみになってきている最中です。今日また大阪編のキャストのみなさんが発表になって、さらに楽しく、おもしろく、にぎやかなドラマになるんじゃないかなと、今まさに感じています。これから長いお付き合いになりますが、笑顔あふれるドラマを一緒に作っていければいいなと思います。よろしくお願いします。

てんの夫
北村藤吉(きたむら・とうきち) 役・松坂桃李 さん

いま京都編でも、おもしろいテンポ感の中で撮影していますが、新たに大阪編が始まってここにいらっしゃる方々と一緒にお芝居するのが待ち遠しいです。きっと京都編とはまた違ったおもしろさと、テンポ感みたいなものが待っているんだろうなと思うと、ちょっと緊張もしますけど、すごく楽しみです。

なにより「お母ちゃん」と、どういうやりとりができるのかなっていうのが大きな楽しみの一つなので、僕自身もがんばっていきたいなと思っています。

Q:オファー受けたときの感想や、役の印象は?(発言順)

【広瀬アリスさん】
リリコはどんなキャラクターなんだろうな?と・・・。

ヒロインの恋敵だけど、引くのか攻めるのか? 台本を読んでみると、攻める方だったので、「すごくおもしろい女の子だなあ」と感じました。好きな人に対しては一途になってしまうかわいらしい印象を持ちました。まあ、いじわるですけど(笑)。

【大野拓朗さん】
のちのち伝説の漫才師になるという役なので、それに抜てきしていただいた喜びと、自分がおもしろく演じられるのかなあという・・不安も同時に感じました。万丈目役の藤井さんとの対極が不思議だなと思ってます。おもしろくない僕がおもしろい芸人さんの役をやってめちゃくちゃおもしろい藤井さんが“全くおもしろくない芸人”の役という…(大笑)。キースを本当におもしろく演じるために、藤井さんからたくさんアドバイスをいただいて現場に挑もうかなと思います。

【藤井 隆さん】
本当に恐縮です。“めちゃくちゃおもしろい”なんて、もったいないお言葉をいただいて(笑)。役については脚本家さんや監督さんが、自分よりもたくさん考えていらっしゃると思うので、そういったまわりのみなさんが考えていらっしゃることを僕の演技でちょっとでも実現できたらいいなあと思っています。

出演のお話をいただいたとき、まず頭に浮かんだのは、また慣れ親しんだNHK大阪に通って撮影することができるのはうれしいなあということでした。一生懸命、大阪編を盛り上げていきます。

【鈴木京香さん】
役のオファーを受けて私がまず思ったのは、お姑さんの役がはじめてで、しかもちょっといけずな感じでケチでもありますし、これはなんだかおもしろそうだということでした。これから船場のお姑役といったら鈴木京香と言ってもらえるように、はじめてのキャラクターをしっかり演じたいと考えています。“船場ことば”はとてもきれいな響きで、今、それを勉強しているのがとても楽しいです。朝ドラのヒロインをやった経験者としては半年間の長丁場、いろんなつらい思いや大変なプレッシャーもあると思うので、何かあったら「大丈夫やで」と隣で言ってあげられるような、みなさんのお役に立てるようなことができるようにならなければと、大きながんばる気持ちをもって挑んでおります。

Q:葵わかなさんのイメージは?ヒロインの先輩として

【鈴木京香さん】
今日はじめてお会いしましたが、本当にかわいい方だなあと思いました。でもかわいいだけじゃなくて、しっかりした方なので乗り切っていけると思います。啄子のように「あんじょう、お気張りやす」と、きつく励ましつつ、葵さんの背中をグッと押してあげたいです。

連続テレビ小説「わろてんか」 10月2日(月) 朝8時 スタート!

平成29年度後期 連続テレビ小説「わろてんか」

【放送予定】2017年10月2日(月)~2018年3月31日(土)<全151回>

【制作統括】後藤高久
【プロデューサー】長谷知記
【演出】本木一博、東山充裕、川野秀昭 ほか

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事