千原ジュニアをうならせた“うんこ”の深い話とは?

ハートネットTV ちまたの話題のB面談議

6月26日(月)[Eテレ]後8:00

6月26日(月)放送の「ハートネットTV ちまたの話題のB面談議」は、“同性婚”を公表している弁護士、全盲の弁護士や、元風俗嬢で発達障害の漫画家などをゲストに迎え、話題のニュースについて、ざっくばらんに話していきます。レギュラー化を見すえ今回、初めて放送します。
話題のニュースについて話す? ハートネットTVって福祉について話す福祉番組じゃないの? と思ったみなさん、この番組がどうして生まれたのか、番組を担当する金丸千枝美デスクにお話を伺ってきました。

“福祉番組のイメージ”からの脱出!

――「ちまたの話題のB面談議」は、どんな番組ですか?

「働き方改革」や「宅配料金の値上げ」など、世間で話題のニュースについて、障害のある人やLGBTなどのいわゆる“社会的少数者(マイノリティー)”の視点から意見交換をするというのが大きな特徴です。

ワイドショーには、弁護士や医者が有識者として出演していますよね。「そこに、ゲイの弁護士や障害のある医者がなぜ出演しないの? 街頭インタビューに、どうして車いすの人や目が見えない人が登場しないの?」という問題意識からスタートしました。

そもそも、私たちがテレビというメディアを介してつくってしまった“枠組み”への反省の念もあります。いわゆる“マイノリティー”と言われる皆さんも“普通に”に生活をしていて、さまざまな意見があるのに、私たちは“普通に”聞いてこなかったのではないか、テレビだけではなく、新聞や雑誌も含め、マイノリティーの人たちの意見を聞く機会が、マイノリティーの人が巻き込まれた事件のときなどに限られすぎているのではないか……と思ったんです。なので、その狭間を埋める番組にしていきたいと思っています。

――番組を制作する過程で、金丸さんが驚いたことや新しい発見はありましたか?

印象的だったのは「うんこ」を用いた漢字ドリルのお話ですね。「うんこって笑っちゃう」「笑いながら、楽しく勉強できる」と人気なドリルですが、学習障害のある方からは、「もし子どものころにうんこドリルがあれば、大学に行けたかも。数学も理科も全部うんこドリルにして欲しかった!」という話が。一方、脳性まひの方からは「うんこは“ヒリヒリ”する話題」という話がありました。

脳性まひの方は、車いすでの生活をしています。車いす用のトイレは少なく、便座に座るのも時間がかかってしまうなどの理由で、小学校でも漏らしてしまうことがあったため、うんこについては、当時なかなか笑えなかったそうなんです。でも「もし、このドリルが小学生の時にはやっていたら、うんこがネタになることで、自分の“ヒリヒリ感”が和らいでいたかも」と。笑いが“タブー”の境界線を変える可能性へと話は発展しました。

それから同性愛者が宅配料金が上がってしまうと困る事情とか、実際にお話を伺わなければ考えもしなかった、多面的な視点をお伝えしたいですね。

とっても濃い有識者・文化人コメンテーターを前にMCの千原ジュニアもタジタジに(汗)

オネエならぬ“オニイ”のアイドルたちが番組を盛り上げる!

――番組に出演される方々について教えてください。

“同性婚”を公表している弁護士の南 和行さん、弁護士で全盲の大胡田 誠さん、医師で、脳性まひの熊谷晋一郎さん、元風俗嬢で発達障害の漫画家・沖田×華(ばっか)さん、“同性婚”の破局が報道されたタレント・一ノ瀬文香さんをお呼びし、文化人・専門家としての知見と個人的なご意見を交えてお話を伺います。

また、ナレーションは、最近ゲイであることをカミングアウトした声優の三ツ矢雄二さん。番組では、談義にも参加しています。

ナレーションは、声優でベテラン・ゲイの三ツ矢雄二さん

番組アシスタントは、もともと女の子として生まれ、今は男性として活躍する“オニイ”のアイドルグループ・SECRET GUYZが担当します。
LGBTについては、“オネエ”のメディア露出が増えたおかげで一見メジャーになったように感じますが、まだまだ理解されていないんです。すべてのゲイの人が“女装するオネエ”ではないし、むしろ“オネエじゃないゲイ”は大勢いるんだと、“ベテラン・ゲイ”の三ツ矢さんとともにお伝えしたいですね。

それとトランスジェンダーというと「男性から女性へ」を思い浮かべる人も多いと思いますが、そうではなく、SECRET GUYZのように「女性から男性へ」という方もたくさんいることも知ってもらえればと思います。

番組アシスタントは、女性から男性の“オニイ”アイドル SECRET GUYZ

さらには耳の聞こえないお客さんが集まる居酒屋へ行き、いわゆる“街頭インタビュー”的な撮影を行いました。耳の聞こえない人たちはどんなことが気になるのか、居酒屋なので酔っ払いながらどんなリアクションをしてくれるのか……、気になりますよね。

――司会は千原ジュニアさんですが、選んだ理由は?

実は、千原ジュニアさんは10年以上前に「福祉ネットワーク」という番組で引きこもりの当事者として出演されたことがあったんです。

障害のある人を前にすると「どう接したらいいだろう?」とかまえてしまう方も多いんですよ。でも、千原ジュニアさんは1年ほど引きこもりを経験していますし、事故で大怪我をされたこともあります。そうしたバックグラウンドからか、接し方が自然だなという印象があったんです。

だからこそ、番組を盛りあげつつ、楽しく談議をしてくれるのでは……と思い、出演をオファーしました。

見なくてもOK!? まずは番組の存在を知ってほしい

――今後、どういう番組にしていきたいですか?

私が以前担当していた「あさイチ」では、主婦や女性の視点でトピックを切り取っていたのですが、同じニュースでも関心の持ち方が違うので、さまざまな発見がありました。

この番組でも、“マイノリティー”と言われる皆さんの意見を伺うことで「そんな視点があったんだ」「そこが気になるんだ」という発見があるのではと考えています。私たちがいつも見ているニュースと同じテーマを取り上げることで、様々な立場の人を身近に感じてもらうきっかけになればと思います。

――どんな方に番組を見ていただきたいですか?

正直に言うと“見なくていいけど知ってほしい”ですね(笑)。福祉番組を見る方は限られているので、まずは「こんな番組があるんだ」と気づいてもらうことが第一歩。もし見てくださるなら、最後まで見ていたくなるような番組にしたいと思います。

それと、個人的にはSECRET GUYZの歌とダンスが見どころです! 本当にカッコイイんですよ。千原ジュニアさんのリアクションにも、ぜひご注目ください(笑)。

番組司会・千原ジュニアさんからコメント!

とっても濃い〜有識者・文化人コメンテーターを前に、千原ジュニアさんはタジタジだったとか!?「俺が一番、キャラが薄いんじゃないですか!?(汗)ですが、“普段は見えない世界”がこの番組で見えると思うと、楽しみですね」と言っていたそうです。

金丸デスクのお話を伺いながら、ワタクシもハッとすることばかり。身のまわりのトピックや話題のニュースについて、新しい発見があるかもしれません。

そして、個人的に“オニイ”アイドルの皆さん……気になります! 6月26日(月)放送の「ハートネットTV ちまたの話題のB面談議」を、どうぞお見逃しなく!

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事