逃げず、めげず、あきらめず!
すべての働く女性へ贈る“応援歌”が完成!

♢プレミアムドラマ「定年女子」【試写会&会見】

さまざまな人間模様と状況をそれぞれに背負った女性たちは、“定年”という問題を契機に、人生の第2のステージをどう切り開いていくのか? シビアなテーマを軽妙なタッチでお送りするプレミアムドラマ「定年女子」。7月9日(日)放送スタート!

【出席】
南 果歩(主人公・深山麻子 役)
草刈民代(黒田時子 役)
清水ミチコ(小川多江 役)
石野真子(寺内真紀 役)

田渕久美子(脚本家)

南 果歩さん コメント
田渕先生の脚本を読んだ瞬間に、こんなにおもしろい人生賛歌があるんだと驚きました。今の時期にこの作品に出会えたのはすばらしいご縁ですし、私の人生の中での大きなエピソードになるのではないかなと思っています。麻子と同年代の男性のセリフで、「これから大事なのは友達ですよ、男女問わず。友達を作っていきましょう。それが豊かな今後につながるんですよ」という何気ないひと言が出てくるんですが、この世代になってみるとすごく共感できます。人生を箱根駅伝でたとえると、往路が終わって今は復路です。人生の前半で眺めた景色をまた逆方向から見ていくと、同じ景色も違って見えてきます。そういう点で、脚本と自分の人生とがシンクロする瞬間があります。田渕先生が描く50代の女子、だけではなくその下の世代、親の世代、男性、さまざまな人たちの人生をかいま見ることができます。どの役にも、人生観や生きる意味がちりばめられている本当にすばらしい作品です。撮影後半戦も麻子とともに、ますますフルパワーで駆け抜けたいと思います。

草刈民代さん コメント
時子の役柄の説明に「毒舌」とありました。田渕先生からは「草刈さんだと思って書きましたので自由にやってください」と言っていただき…(笑)。今回の私の挑戦は、必ずしもいい人に見えなくてもいいから“リアルに演じること”にしたいと思っております。50代の女性が主人公のドラマって、とっても少ないと思うんです。「定年女子」は南さん演じる麻子を中心とした、同級生のこの4人が、いろいろなことに負けないで前向きに生きていきます。そんな姿は、若い人が見たときにも励みになると思います。私もこの作品を通して、50代の前向きさとは何かということを見いだしていけたらいいなと思っております。

清水ミチコさん コメント
ドラマへの出演経験はありましたが、こんなに大役、しかも善人の役は初めてです。私のそういう面を見つけてくださった田渕さんはすばらしい!と思っています(笑)。初めてワークショップに行って、お芝居の勉強をしたくらい、私はこの作品に賭けております。“定年”という言葉は、女の人にはあまり関係のないように思っていました。ですが、ドラマを通じてさまざまなことを知り、「定年女子」という言葉はすごく今の時代を表しているな、と思いました。

石野真子さん コメント
本当に楽しい収録の日々でございます。同年代のこの4人でいる女子会のシーンは、なんにも言わなくても通じるというか…。同じ時を過ごしてきた空気みたいなものを感じてすごく居心地がよく、楽しく撮影をさせていただております。第1話を見ましたが、ものすごくおもしろいと思いました。自分が出ているのも忘れて見入ってしまったくらい。第2話も、とても楽しみにしております。

脚本・田渕久美子さん コメント
「やっと50代の女性を主人公にドラマが書ける日が来たのだ」と、原案本を拝見してうれしくなりました。話をおもしろくするのはもちろんですが、50代の女性が直面する出来事を丁寧に描き、最終的には死や老いに向き合っていく死生観みたいなものをお見せできればいいなと思っています。配役は、私がどうしてもこの方たちでと思っていた皆さんにお願いしました。麻子を演じる南さんをはじめ、皆さんに出演していただけることで、もうこのドラマは放っておいても成功するであろうと確信できました。私の中の、ドラマの新しい1ページになるのかなあと考えております。

プレミアムドラマ「定年女子」

【放送予定】7月9日(日)スタート
毎週日曜[BSプレミアム]後10:00~10:49(連続8回)

【ストーリー】
深山麻子、53歳。大手商社の部長を務め、仕事も順調、さらなるキャリアアップも、と思っていたところ、急に配置転換の辞令が降りた。しかし新しい職場では邪魔者扱い。「今までの私のキャリアってなんだったの!」意を決して会社を辞めるが、結婚したばかりの娘は出産で出戻り、元夫の母がいまだに何かと懐いてくる。果てはなぜか彼女の介護まで降りかかり、仕事を選ぶぜいたくは言っていられない状況に。そしてなりふり構わずいろいろな仕事をやり七転八倒するうちに、しだいに今自分がこの社会に対してやらなければいけないことに気づいていく。現代の女性のセカンドライフをリアルな視点とユーモアで描く、恋あり笑いあり涙ありのハートウォーミングドラマ。

【出演】南 果歩
山口祐一郎、草刈民代、清水ミチコ、石野真子
町田啓太、山下リオ、高野志穂
菊池桃子、藤 真利子、寺脇康文、草笛光子 ほか

【脚本】田渕久美子

【原案】岸本裕紀子

【音楽】羽深由理

【主題歌】竹内まりや「もう一度」

【制作統括】出水有三、中尾幸男

【演出】塚本連平、猪原達三

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事