過去最大のヒットを記録した人気動画をご紹介! 
6月編

NHK1.5チャンネル

「NHKスペシャル」「ガッテン!」「サラメシ」など、人気番組のオイシイところだけを短めのオリジナル動画に詰め込んでお届けする、NHKの動画サービス『NHK1.5チャンネル』。SNSでも「NHKっぽくなくて、おもしろい!」と話題になっています。

今回も、おもしろ・お役立ち・びっくり・感動などなど……数ある動画の中から人気の高かった3つと、『NHK1.5チャンネル』の小国士朗編集長が選んだオススメのコンテンツ1つをご紹介します。小国編集長の解説付きでどうぞ!

《人気動画1》NHKスペシャル × 1.5チャンネル
ディレクターが8年かけて制作した番組を1分半に凝縮!

NHKスペシャルで放送した「ばっちゃん ~子どもたちが立ち直る居場所~」は、ディレクターが広島に8年通って制作したヒューマンドキュメンタリーです。それを「1分半に凝縮して届けてみよう」というのが最大の挑戦でした。正直、そんなことできるのかなと不安でしたね。いつもそうなのですが、番組をつくったディレクターの思いや意図をきちんと凝縮できているか、そこには本当に頭を悩ませます。今回も動画を配信するまでずっと不安だったのですが、結果として爆発的に拡散し、サービスが始まって以来、最大のヒットを記録しました。さらにこの動画を一番見てくれた世代は、ふだんNHKとはもっとも縁遠い20~30代の女性だったので、正直びっくりしました。『1.5チャンネル』は、“NHKのオイシイところを、オイシイかたちで”をコンセプトに始めたのですが、本当の意味でそれを体現できたんじゃないかなと思います。

《人気動画2》ガッテン!× 1.5チャンネル
認知症の母を介護する娘の物語

目からウロコのお役立ち情報を紹介している「ガッテン!」。今回のテーマは“認知症のケア”でしたが、「認知症を緩和するには、1日10分の“タッチケア”がいいですよ」という単純なHow to動画にすると誤解を生みかねないと思いました。認知症と一口に言ってもその症状は十人十色でしょうし、必ずしも誰にでも効くわけではないんだろうと。なので、話を一般化するのではなく、母娘の物語にまとめました。結果として1分弱の動画で、娘さんが困っていることや、お母さんの思いがきちんと語られたうえで、「タッチケア」というHow toを紹介できたので、非常に見やすくなったのではないかと思います。『1.5チャンネル』の動画は、尺を短く、情報を凝縮してお届けするので、どうしても誤解を招く可能性をはらんでいるからこそ、毎回さまざまな工夫をしています。今回は母娘の物語にしたことで表情豊かな動画にできましたが、尺が短いからといって、無理にあおったり、変に人の目を引く仕掛けを考えなくても、十分伝わるんだなぁと勉強になりました。

《人気動画3》NHKスペシャル × 1.5チャンネル
“イヤイヤ期”の原因を科学的に解明!

昨年、ママたちが抱えている育児に対する不安を科学的に解明し、大反響を呼んだNHKスペシャル「ママたちが非常事態!?」。今回は、子育てのお悩みランキングでも必ず上位にくる“イヤイヤ期の対処法”をテーマにつくったのですが、制作側の私たちにも非常に勉強になりましたね。そもそも、子どものうちは前頭前野が発達していないために我慢ができず“イヤイヤ期”がおとずれるそうなのですが、「これって大人にもいるよね??」とか、「ということは、自分の前頭前野はまだ発達してないんじゃないか!?」とかいろいろ考えてしまいました(笑)。イヤイヤ期の対処法は、我慢できたらちゃんとほめてあげることだそうです。そうすることで、前頭前野がきちんと成長して我慢を覚えるんですね。ということは……僕も上司にたくさんほめてもらえれば、もっと成長できそうだなと思いました(笑)。

\オススメ/ サラメシ × 1.5チャンネル
京都の季節の移り変わりをお弁当で表現する“BENTOアート”

一般のサラリーマンから憧れのスポーツ選手まで、多彩な職業の方のランチを徹底的にウォッチングする番組「サラメシ」ですが、個人的に、昨年5月の放送に出演されていた伊藤耕太さんに興味がわきました。「京都の季節が静かに移ろう瞬間を表現した」という“BENTOアート”をつくられていたのですが、伊藤さんのコメントがとにかくスゴイ。「おかずは、弁当箱というキャンバスに絵を描くための、いわば絵具のようなもの」。うーん、常人の理解を超えたコメントですよね(笑)。

このBENTOアートを『1.5チャンネル』としてどのように表現するかはかなり悩んだのですが、あえて伊藤さんにまつわるエピソードや思いは一切入れずに“弁当をしっかり見せる”ことにしました。それが、彼の弁当への思いを表現するための最良の手段だと思ったんです。

今や“弁当”という言葉は、イギリスなどでも“BENTO”と表現されるほど、日本独自の文化として世界に浸透しているそうですね。私たち『1.5チャンネル』でも、いつの日か伊藤さんの作品をはじめとする日本が誇るBENTOアートを世界に発信していきたいと目論んでいます。

ちなみに伊藤さん、会社ではつくったお弁当を誰にも見せずに、1人で食べているそうですよ(笑)。

『1.5チャンネル』のサイトには、クスッと笑ってしまう動画から、思わず涙してしまう動画まで、魅力的なコンテンツがたくさんアップされています。ぜひチェックしてくださいね!

▶ NHK1.5チャンネル

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事