落語マニアも初心者も! この夏は落語を知ろう♪

落語ディーパー!~東出・一之輔の噺(はなし)のはなし

[Eテレ]後11:00 
7月31日(月)第1夜「目黒のさんま」
8月7日(月)第2夜「あたま山」
8月21日(月)第3夜「お菊の皿」
8月28日(月)第4夜「大工調べ」

今、若い世代で落語ブームが起きています。
300年以上の歴史がある落語、そもそもその魅力は何なのでしょうか? 7月31日(月)から4回にわたり放送される「落語ディーパー!~東出・一之輔の噺(はなし)のはなし」では、落語マニア・東出昌大さんと気鋭の真打・春風亭一之輔さんが名作落語を徹底分析します。彼らとともに、ディープなトークをするのは、落語研究会出身の雨宮萌果アナウンサー、柳家わさびさん、柳亭小痴楽さん、立川吉笑さん。そして柳家花緑さんがスペシャルゲストとして登場し、落語を披露してくれます。

東出さんはワクワク、小痴楽さんはソワソワした収録

最近は寄席に行っていなかったワタクシ、気になって収録スタジオにお邪魔してきました!

収録では『大工調べ』を題材に、江戸っ子の気風(きっぷ)のいい啖呵(たんか)の妙技を分析。噺家の名演の映像を比較したり、啖呵部分のせりふをすべて文字におこしたり……、その分析を見ると、「噺家さんは、すごいテクニックを持っているんだな」と感心してしまいます!

「噺家さんが高座に上がる際にかかる出囃子(でばやし)はどうやって決めているんですか?」という東出さんの質問では、意外な事実が判明しましたよ。

最後は、小痴楽さんによる『大工調べ』の実演。トーク中に「このあと罰ゲームみたいなことが待っているんで……」と話していましたが、それもそのはず。『大工調べ』の啖呵部分は1秒間に10文字前後の言葉を発する難易度の高い演目なんです! その難しさから一之輔さんでも最近やらなくなった噺なんだとか。しかし、さすがは小痴楽さん。番組で紹介した名演とはまた違った個性あふれる落語を披露してくれました♪。

久々に聞いた落語に興奮してしまったワタクシ、出演者の皆さんにお話を伺ってきました!

左から雨宮アナ、一之輔さん、東出さん、柳家わさびさん、柳亭小痴楽さん、立川吉笑さん

言うだけ野暮! 落語のテクニックと哲学

――収録を終えてみて、率直な感想をお願いします。

わさび:「想像していたより自由な番組だなぁ」と思いました。いろいろなことを深くお話できたので、すごくおもしろかったです。まぁ、カットされているかもしれないですけど(笑)。

小痴楽:僕の落語を聞きに来てくれるお客さんは、ありがたいことに若い人が多いんですよ。誤解を恐れずに言うと、「笑いどころをわかっているのかな?」と心配している部分があったんですね。でも今回の番組で、東出さんが「あの古きよき時代の空気感が好き」と話しているのを聞いて、「若い方でそういうふうに落語の良さを見てくれる人がいるんだな」と思えたのが、すごく新鮮でうれしかったです。

吉笑:私は、ふだん新作落語をやっているので、実際に落語を披露することなく終わってしまいました(笑)。でも皆さんが披露した古典落語を聞いていたら、また稽古をしたくなりましたね。特に花緑師匠の『あたま山』はすごく刺激になりました。古典落語は、もう語りつくされてきたと思っていましたが、まだ語れる魅力があって純粋にすごいと思いました。

雨宮アナ:もともと落語は好きなんですけど、やはり噺家さんから直接お話を聞くと、「この噺はこういうふうに見たらおもしろいんだ」と、勉強になりましたね。何より東出さんが本当に落語好きなので、ただただ感心しました。

一之輔:この番組で話したことって、本当はお客さんに聞いてほしくない話なんですよ(笑)。内緒にしておきたいし、噺家にとっては野暮なこと。でもあえて語ることで「ふだん意識していなくても、こういうことを考えていたんだな」と自分自身のことを再確認できたので、いい機会でした。この番組をきっかけにたくさんの方に興味を持ってもらいたいし、落語ファンの皆さんにも楽しんでもらえると思います!

東出:僕は、「古典芸能を鑑賞しよう」という考え方で、落語は聞いていないのですが、ファンの視点になるとどうしても芸談(芸にまつわる役者の苦心や秘けつ)が気になっちゃうんですよ(笑)。だから落語ファンには、もってこいの番組でした。

――雨宮さんと東出さんは、噺家さんから直接お話聞けてどうでしたか?

東出:プライベートで親交のある噺家さんがいるんですけど、今回話していただいたような内容は聞けないんですよね。収録現場だからこそ聞けた部分もあったので、うれしかったですね(笑)。

雨宮アナ:噺家さんと落語について話す機会なんてなかったので、驚きと発見の連続で収録時間もあっという間でした!

――特に印象的だったお話、エピソードはありますか?

小痴楽:僕は花緑師匠の高座が本当に感動しましたね。さくらんぼを食べるところは、持っているだけでいいのにちょっと揺らしてみたり、小さい動作から段々早い動きになったりと、まるでアニメのような描写で「落語の仕草っていいな」と思いました。あんなにコミカルな落語を見たことなかったんで、ずっと聞いていたいと思いました。

東出:僕は「与太郎の演技は演者の人間味が出てくるから、好まれる人とそうでない人がいる」という話がすごくおもしろかったです。柳家小さん師匠のお話で“芸は人なり”という言葉があるのですが、俳優も同じだと先輩から教えていただきました。噺家も俳優も“人前で演じる”という部分は共通していますよね。プレイヤーとしては全然違うんですけど、心の奥では人間性を求められていると思いました。

――東出さんの落語に対する熱意、すごいですね!

東出:やめてください(笑)。

小痴楽:東出さんに話をふったときに、いろんな噺がすっと出てくるんです。

吉笑:「本当に落語が好きなんだな」というのが伝わってきましたね。

――このようなトーク番組に出ることは珍しいと思いますが、実際にやってみていかがでしたか?

一之輔:僕はふだん人の話を聞かないんで、聞くのって大変だなって思いました(笑)。番組を成立させるうえでは、当たり前のことなんですけどね。

小痴楽:セリフが決められた番組よりも、思ったこと言えるからすごく楽しいですね。

わさび:先輩に芸談をぶつけることなんて、ふだんは絶対にできません! なので、収録中に一之輔兄さんが私たちの話を聞いてくれたのは印象深かったですね。もしかしたら我慢してくれていたのかもしれないけど(笑)。

一之輔:僕は真打になって5年くらい経つから「この噺はこういうやり方」と決めこんでいる演目がいくつかあるんですよ。でも、小痴楽さんの『大工調べ』を聞いてみて、「僕だったらこうやるな」とか「ここはすごいな」と勉強になりました。なので「後輩の話もちゃんと耳を傾けなきゃいけないな」と思いましたね(笑)。

東出「お酒片手にゆるく見てほしい! 」

――落語初心者にぴったりな番組ですけど、より楽しむためのポイントや見どころを教えてください。

雨宮アナ:初心者じゃない人も充分楽しめると思います。むしろ落語に夢中になっている人たちが、落語について熱く語っている番組。その熱気を感じていただきたいですね。知らない言葉もたくさん出てくると思うんですけど、そんな心配を上回るおもしろさがありますよ!

小痴楽:4つの落語を解説したので、そこから江戸時代の笑いの空気感、生活の空気感を味わって欲しいです。

吉笑:番組中でも師匠方の映像が流れますが、なかなかいい機会ですよね。一番うまい人のいい場面を切り抜いていたんで、落語に詳しくなくても「すごいな!」と思えるはずです。

わさび:クリエイティブ職の方が見てくれたら、あたらしい発見があると思います。ゲームでも、ハードが違うとソフトも全然違ってきますよね? 我々噺家はハードで、そこにさまざまなソフト(=演目)を差し込んだときに噺も変化するんです。そういうところで、クリエーターの方たちに「あぁそういう手もあるのか」と共感してもらえたらうれしいですね。

小痴楽:でも、落語と一緒で真面目に見ないで欲しいですね。

東出:「そういえばそんな番組あったよなぁ」とぼんやり見るくらいがいいです(笑)。

一之輔:生きていくうえで必要なことは一切語っていませんが、アクセントというか、人生のスパイスになる番組だと思います。

東出:酔っ払って見るには最高の番組ですね!

真夏にぴったりの怪談『お菊の皿』もお題目として登場するそうですよ! クーラーのきいた部屋でのんびり見たいですね。7月31日から4回にわたり放送しますのでお楽しみに♪

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事