【10月8日再放送】出演は香川照之 & タガメのみ!
熱い思いが今回も爆発

香川照之の昆虫すごいぜ! 特別編 ~出動!タガメ捜査一課~

10月8日(日)[Eテレ]前0:00(再放送)
初回放送:8月12日(土)

香川照之さんによる大人気昆虫番組「香川照之の昆虫すごいぜ!」第3弾のテーマは、タガメ! 前回の放送を見ていた方はわかると思いますが、ミニコーナー『昆虫だいすき!』で、香川さんが“タガメちゃん”との再会を切に願っていました。“タガメ捜査一課”を設置し、視聴者の皆さんから情報を募ったところ、かなりの手紙が届いたのだとか!

SNSでも大注目のこの番組について、藤井智康ディレクターに撮影の裏側などを伺ってきました。

水場に行くまでに寄り道が多いカマキリ先生。いったい何をしているのでしょうか?

すき間をぬってロケに来た香川さん

――過去2回の放送は大きな反響がありましたね!

本当にうれしい限りです! 小さなお子さんたちから「カマキリ先生大好き!」「カマキリ先生と一緒に虫取りがしたい」というお便りがたくさん届きました。あと、「カマキリ先生に登場してほしい」とイベントの主宰者からオファーもありましたね。皆さんからのお便りは香川さんにもお渡ししているのですが、「カマキリ先生、非常にうれしい!」とおっしゃっていましたよ(笑)。

前回、タガメの目撃情報を呼びかけたところ、北は北海道、南は九州まで、全国から100通以上の情報が寄せられました。夏休みの自由研究の資料を写真に撮って送ってくれたお子さんもいましたし、「博物館の学芸員さんでタガメに詳しい人がいる」という情報をくれた方もいらっしゃいましたね。

――それがきっかけで今回の放送が決まったんですか?

そうなんです。タガメの情報が多く寄せられたのと、ホワイトボードに書かれたキーワードへの反響もすごく大きかったのがきっかけですね。

香川さんが書いた “タガメ” に関するキーワード

あのミニコーナーは30分収録したのですが、放送時間の都合で、すべてのキーワードを紹介しきれなかったんです。ただ、説明もないまま“ウルトラマンセブン”、“キングジョー”といった謎の単語が映し出されたので、ネット上でも「あれはどういう意味だ!?」と話題になっていました(笑)。今回はその未公開部分もふくめ、“キーワードの真相”をご紹介しようと思っています。

――前回は5月5日に放送され、もう第3弾とは早いスパンですね?

もともと次回の放送は秋を予定していたのですが、下調べとして僕1人でタガメを探しに行ったら、運よく見つけることができたんです。香川さんにそのタガメの写真を送ったら「1日だけスケジュールが空いているから、そこでロケをしよう!」と連絡があり、急きょロケが決まりました(笑)。

多忙なスケジュールのなか、ロケに行ってくれたカマキリ先生

40年越し、積もりに積もった思いはタガメに伝わるのか?

――強行スケジュールのロケは無事に終わったんですか?

ロケ地の河川敷にタガメがいそうな水場が4か所あったのですが、最初すべて探してもいなかったんですよ……。香川さんは昼食もとらず、ずっと捜査を続けていたので僕も焦っていたのですが、その往路の途中でタガメがいたんです! でも、香川さんがタガメに見とれている間に逃げられてしまって……なかなかいないですからね、その結末はどうなったのか、そこは番組を見てください!

――見とれるとは、香川さんのタガメへの愛、本当に強いんですね。

前回の『昆虫だいすき!』のコーナーでも言っていましたが、めったにお目にかかれない希少な昆虫なんですよ。

香川さんは子どものころにデパートで購入されたことがあるそうなのですが、それがたった一晩で逃げられたらしく、相当悔しかったみたいですね。40年前のことを思い出しつつ、タガメの存在自体を知らない子どもにも魅力を知ってほしいと強く思っているようです。

ずっと中腰の状態でタガメを探すカマキリ先生。「51歳にはキツイ!」とおっしゃっていたんだとか!

――第2弾で、カマキリ先生の頭がバージョンアップしていましたが、今回もどこか進化しているのでしょうか?

今回は、急だったので特に進化はしていません。水場に入るための胴長靴には「カマキリと同じ黄緑色のものを!」と熱望されていたのですが、間に合わなかったので、なるべく緑っぽいものをチョイスしました。

ただ、香川さんからは次回の放送に向けてすでにリクエストをいただいています(笑)。カマキリは、初夏から夏にかけては鮮やかな黄緑色だけど、秋になるとちょっと茶色に変化するそうなんです。なので、それをなんとか再現できないかと……。まだどうなるかわからないですけどね(苦笑)。

――では最後に見どころをお願いします!

この番組は「絶対にスタッフよりも先に見つけて、自分の手で獲りたい!」という香川さんの熱意がつまっています。今回は、捕まえられるかどうかわからないという環境でロケに行っているので、そのドキュメンタリー部分も楽しんでいただきたいです。

「昆虫を見つけたときは、カマキリ先生ではなく“香川照之”だった」と語っていた藤井ディレクター。皆さん、どうぞお見逃しなく〜!

▶ 番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

検索 NHKサイトでもっと探す

関連記事

その他の注目記事