若者たちがラップでバトル! 異色のラジオ番組

ラップが僕らのメッセージ

8月19日(土)[NHK-FM]後7:20

今話題の“サイファー”って知っていますか? サイファーとはアラビア語で“ゼロ”のことで、公園や広場に集まり、円になって行うフリースタイルラップ。そんなサイファーを楽しむ15~26歳の若者たち16人がNHKのスタジオに集結! ラジオ番組「ラップが僕らのメッセージ」でラップバトルをし、チャンピオンを決めます!

ラジオスタジオでの公開収録、たくさんのお客さんで盛り上がってます

「ラップってよくわからない」と思っている皆さんも、ご安心を。番組では、初心者でも楽しめるように司会のKEN THE 390さんが優しく解説してくれます! さらにプロのアーティストも登場し、ライブパフォーマンスをするという豪華な内容。今回は、番組企画にも携わったKEN THE 390さんにインタビューをしてきました!

司会のKEN THE 390さんとSUPER☆GiRLS浅川梨奈さん

KEN THE 390(ケンザサンキューマル)
年間100本を超えるクラブでのライブと、フリースタイルバトルでの数々の輝かしい戦歴によりその名を広める。全国のクラブ、ライブハウス、フェスを通して磨き上げてきたライブパフォーマンスは必見!

ラッパー同士の“戦い”ではなく“輝き”を見せる番組にしたい

──「ラップが僕らのメッセージ」は、どんな番組ですか?

最近ラップバトルが流行っていますが、今回は「ラッパー同士を戦わせる」よりも「ラッパーが輝いている瞬間を見せたい」と考えました。番組では“バトル”という形式をとっていますが、あくまでも“戦い”ではなく、相手に自分の思いを語る“会話”のイメージです。1人で感情を込めたラップをするのはプロでも難しいのですが、相手がいることで、気持ちが高ぶって熱いラップが生まれるんですよ。

両者ともラップ歴はおよそ1年のエマ(15)とCESIA(15)。最年少対決です!

──実際に収録をしてみての感想は?

今回は対戦ごとにいろんな“お題”があったので、うまくいくか心配でした。
でも、制約があることで工夫が生まれ、プロ目線でも「いつも見ているバトルよりおもしろい」と感じるシーンがいくつもありましたし、出演者の皆さんもいいパフォーマンスができていましたね。

たとえば、MAKI DA SHITさんのバトルでは、観客から「好きな乗り物」というお題が出たんです。「“好きな乗り物”でラップバトルって、どうなるんだろう?」と思ったのですが、音楽の「トラック」と車の「トラック」をかけて、ラップをしていて「うまい!」と思いました!

MAKI DA SHIT(26)はラップ歴6年の大学6年生。唯一無二のヒップホップドクターを目指して留年中・・・

ラップでは、“どう韻を踏むか”も大事ですが、“単純にうまいこといった瞬間”にとても盛りあがるんですよ。それがこの番組の狙いでもあったので、実際にそういうシーンが出てきてよかったです(笑)。女の子同士のバトルで「KEN THE 390を口説く」という恥ずかしいお題もありましたけどね……(笑)。

ラップを始めたいなら、まずはラップっぽくしゃべるべし!

──もし「ラップをやってみたい!」と思ったら、どんなことから始めれば良いでしょうか?

個人的には、まずは“ラップっぽくしゃべる”ところから始めてみると良いと思います。1人では難しいので、友達としゃべるのがオススメですね。ラップっぽくしゃべっているうちに、だんだん韻を踏んだり相手に言い返したりできるようになりますよ!

たとえば、サッカーを始めると、まずドリブルの練習をしますよね。そのうち、何も考えなくてもドリブルができるようになって、チームの状況やパスのタイミングなどを考えられるようになります。

それと同様に、無意識にラップができるまで練習することがファーストステップだと思いますね。「ラップをするならHIPHOPの楽曲じゃないとダメ」と思われがちですが、アイドルソングなど、自分の好きな曲で良いんですよ。ラップは、とても自由な音楽なんです!

現代を生きる若者たちの主張を、ラップを通して伝えたい

──最後に、番組の見どころをお願いします!

番組では、ラップを通して“青年の主張”を発信したいと考えています。「自分の考えを語るなんて、恥ずかしいしカッコ悪い」と考えている若者でも、ラップなら自分の思いを語れるんです。なので、今回16人のラッパーが登場しますが、16通りの主張があるんですよ。
番組では、活躍中のアーティスト達の練り上げられたライブパフォーマンスもご紹介します。審査員のKダブシャインさん、晋平太さん、SUPER SONICSさんの完成されたラップのスゴさも、ぜひ味わっていただければと思います。

初心者でもわかるラップ講座

ここでしか見られないラップの魅力がつまった「ラップが僕らのメッセージ」をどうぞお楽しみに!

取り上げた番組はこちらです!

その他の注目記事