新感覚ドキュメンタリー 3夜連続放送!

ノーナレ

8月21日(月)[総合]後10:00「元ヤクザ うどん店はじめます」
8月22日(火)[総合]後10:00「町工場×テクノ」
8月23日(水)[総合]後10:00 ノーナレ選「ミアタリ」

『ノーナレ』が目指すのは、“感じる”ドキュメンタリー。
ナレーションによる説明はなし、主人公たちの切実な「声」とインパクトのある「映像」で、見る人を「ストーリー(物語)」の世界へと引き込んでいきます。
気がついたら心揺さぶられ、身を乗り出しながら、自分で考えていた……。
そんな“読後感”を残す新感覚ドキュメンタリーです。


「元ヤクザ うどん店はじめます」

【放送予定】8月21日(月)[総合]後10:00~10:25

元暴力団員が社会復帰を目指し、うどん店を開く姿を追う。暴力団排除条例などにより、全国の暴力団員は最盛期の5分の1以下に減った。逆に言えば「元暴力団員」が年々増えているという。しかし、その就職率は2%ほど。復帰は容易ではない。北九州の元暴力団員のナカモトさんは、元受刑者たちと、うどん作りから接客までを一から学び、うどん店をオープンしようとしている。その姿をノーナレーションドキュメンタリーで描く。

★「もっとNHKドキュメンタリー」の「見るあらすじ」は こちら
★ スピンオフ動画「もうひとりの物語」【1分30秒】は こちら


「町工場×テクノ」

【放送予定】8月22日(火)[総合]後10:00~10:25

ねじやバネなど、日本のモノ作りには欠かせない部品を作ってきた町工場。精密な動きを反復する工作機械の音を収集し、オシャレなテクノミュージックを生み出すプロジェクトが話題を呼んでいる。工作機械の映像とオリジナルの音楽を一体化させた作品は今年、広告業界で最も権威のある賞のひとつ、ADC賞グランプリを受賞した。「日本の製造業を盛り上げたい」と始まったプロジェクト。作品に参加したねじ工場は、さまざまな製品で「ねじレス化」が進むなか、たった1本からでも注文を受ける。バネ工場では他社が作れない製品を作るために技術力を磨き上げ、単なる下請けからの脱却を図っている。グローバル化による国内生産の縮小や、慢性的な人材不足に悩まされている町工場。プロジェクトの新たな作品作りを通して、苦境の中でも“どっこい生きる”姿を描く。


ノーナレ選「ミアタリ」

【放送予定】8月23日(水)[総合]後10:00~10:25

全国で指名手配を受けた容疑者およそ700人。その指名手配犯を専門に追う刑事がいる。通称“ミアタリ”―「見当たり捜査」といわれる手法で手配犯の顔写真を記憶し、大都会の雑踏の中に同じ「顔」を見つけ出す。昭和53年に大阪府警で導入され、捜査の最後の切り札としてこれまで4000人以上を検挙してきた。手配犯との遭遇率は0.00006%以下。己の感覚のみを信じ、地を這うような捜査を続けるミアタリの世界に迫る。

番組プロデューサーによる撮影裏話は こちら


▶番組ホームページ

取り上げた番組はこちらです!

関連記事

その他の注目記事